入学式の母親のバッグの選び方!ふさわしい色やサイズは?

公開日: 

入学式 母親 バッグ

この春、お子さんの入学式を控えたお母さん、当日何を着ていくか、もう決まりましたか?それともまだ悩んでいるところでしょうか?

入学式に何を着て行こうか悩むのはもちろんなのですが、意外と時間がかかるのがバッグ選びではないでしょうか。

スポンサードリンク

 

入学式にはスーツやワンピースを着ていくお母さんが多いかと思います。
そうすると、やはりバッグは小ぶりでフォーマルなものを選んだ方がよいものなのでしょうか?
それとも、普段使いのものでもおかしくないでしょうか?
入学式って、そこそこ荷物もあるんじゃないかしら・・・
大きいバッグじゃおかしいでしょうか?

などなど、いろいろ考えてしまいますよね。

それでは、入学式に母親が持っていくバッグの選び方を整理してみましょう。

 

入学式の母のバッグの選び方!

入学式にお母さんが持っていくバッグは、もちろん着て行くスーツに合わせて選ぶというのが、まずは基本中の基本です。

ですので、まずは着ていくスーツを決めましょう。
着ていくスーツが決まったら、次に、コサージュやネックレスなどのアクセサリーを選びますよね。

そして、最後に靴とバッグです。

靴とバッグは全体的なバランスを整えやすいアイテムなので、同時に選ぶとよいでしょう。

入学式はきちんとした場なので、やはり小ぶりのフォーマルバッグがいいのかしら・・・なんて思うのですが、必ずしもフォーマルバッグにこだわる必要はないですよ。

むしろ、デイリー使いも出来て、スーツにも合うものを選ぶ方が、後々さまざまな場面で使えてよいのではないでしょうか。

カジュアルすぎず、フォーマルすぎないバッグは、何かと使い勝手がよいものです。
参観日などにもちょうどいいですね。

それから、入学式に母親がもつのにふさわしいバッグというと、柄物のバッグより無地のバッグの方がしっくりくるのではないかと思います。

ブランドバッグもよいと思いますが、やはり、こちらも無地でさりげないものを選んだ方が、上品にまとまりますよ。

 

関連記事
yajirusi 卒園式と入学式 ママのスーツ選び。同じもので着まわし可能な服は?

 

入学式の母親のバッグはどんな色が良い?

入学式は4月ですので、明るく春らしい印象のスーツを選ぶことが多いのではないでしょうか。
そんなスーツに合わせて選ぶバッグは、靴と合わせて同じ色・素材で、似たような感じのものにすると、とてもバランスがいいです。

濃い色のスーツを着る場合には、靴はスーツの色に合わせて黒などの濃い色にし、バッグは、スーツの中に着るブラウスや胸に付けたコサージュなどの色に合わせて、明るい色のものを選ぶと、スーツが濃い色でも、春らしく明るい印象にすることができるのではないでしょうか。

入学式に持つのにふさわしいバッグの色の定番というと、やはり黒やベージュ、白かと思います。そして、無地が定番ですね。

そうすると、とてもシンプルになると思いますので、もし物足りなさを感じるようならば、バッグにスカーフを付けるなどの工夫をし、華やかさをプラスしてみるのもよいかもしれませんね。

スポンサードリンク

入学式のバッグのサイズどのくらいがふさわしい?

入学式に母親が持っていくバッグは、スーツに合わせたおしゃれなものがよいとは思いますが、あまりサイズが小さすぎると、物が入らず困ってしまいます。
入学式は意外と持ち物が多いですから。

小ぶりなフォーマルバッグを選ぶ場合は、必ずサブバックを準備しておくことをおすすめします。
サブバッグはA4が入る程度の大きさがよいでしょう。

 

入学式には、スリッパやカメラなどを持参するかと思いますし、当日書類を受け取ったりもするかもしれません。
そうすると、ある程度の大きさがないと、荷物が入りませんよね。
また、下の子を連れていく場合には、さらに荷物が増えます。

小さなフォーマルバッグにサブバッグ、スプリングコートも手に持って・・・ということになると、けっこうわずらわしいので、私は、1つのバッグで済むよう、大き目のバッグで入学式に臨みました。

私がチョイスしたのは、革素材のワンショルダーバッグです。

 

革素材のワンショルダーバッグなら、スーツにもカジュアルにも合いますので、入学式はもちろん、参観日や通勤、お友だちとの外出など、さまざまな場面で重宝しますよ。

ちなみに、私が参列したのは、一般的な公立小学校の入学式です。

 

まとめ

入学式に持っていく、母親のバッグにフォーカスしてみましたが、いかがでしたでしょうか?

入学式当日は、なにかと荷物が多いので、小ぶりなフォーマルバッグにこだわらなくても、使い勝手のよいバッグを選ぶとよいですね。

大きいサイズのバッグは野暮ったくもなりがちなので、大き目のバッグにするなら、シンプルなものをバランスよく持てるといいですね。

小ぶりのフォーマルバッグの場合は、サブバッグを忘れずに!

入学式は新しい出発の日でもあります。
両手にこまごまと荷物を抱えて右往左往しなくてもよいように、スッキリ納まるバッグを選びましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑