服を断捨離する効果は?運気が上がると聞くがもったいない!

公開日:  最終更新日:2015/12/25

服の断捨離

最近よく耳にする「断捨離」の言葉。
皆さん、意味を御存知でしょうか。断捨離は、ヨガの次の3つの行(修行)からきているものです。

断=不要なものの購入を断つ、不要なものを入れない
捨=前から家にある不要な物を捨てる
離=物への執着をしない、未練を残さず離れる

スポンサードリンク

 

という意味を持っています。
戦後、日本は経済成長し、バブルを経験し、リーマンショックを経たとはいえ、本当に豊かになりました。

昔は、着る物がなく、ほころんだ部分を糸繕い、ずっと同じものを着ていたのです。

そんな時代から一転し、現代では断捨離をしましょうという時代になりました。
これは本当に贅沢なことであり、私たちは、もう一度、物の大切さを知るためにも、断捨離をしたほうがいいのかもしれません。

 

服を断捨離する効果は?

断捨離とは、簡単に言うと、私たちの日常生活の中で、必要なものだけを持ち、生活しやすくする事です。
いろんな物の中でも、特に女性は、かなりの枚数の服を所持しているはずです。
おしゃれな方、ブランドの好きな方なら、クローゼットに入りきらないくらいの洋服をお持ちなのではないでしょうか?

 

断捨離の方法はいろいろとありますが、ここでは、おすすめの服の断捨離方法と、その効果をご紹介します。

いつか着るはず、この服の流行がまたきたら着よう、痩せたら、好みが変わったら着よう・・・そんな風な服を、着た試しはありますか?きっと女性には、心に痛い言葉です。
そんな服を見て、痩せなきゃ・・・などとストレスがたまるばかりで、幸せな気持ちにはなれませんよね。
挙句の果てに、洋服がありすぎて、着たい服がどこにあるか分からず、何時間も探すなんてことになったら、時間の無駄です。

服の断捨離するためには、まず「いる」か「いらない」ではなく、現在「着る」か「着ない」で、判断します。
このように考えた時に、クローゼットの中の服がほとんど着ない服だということに気づきます。

この着ない服をサッと捨ててしまえば良いのです。

ですが、捨てるときに、もったいない気持ち、迷いが出てしまうのが現実です。
どうしても迷ったら、迷いの箱を作っておき、一時的にそこへ保管します。これは、半年後にもう一度開けて、その時にまた判断しましょう。

 

服を捨てるという行動は、辛いものです。
その服が高かった服であったり、思い入れがある服だと着ないとわかっていても、なかなか捨てられません。
リサイクルに出すことすらできないかもしれません。
それをぐっとこらえて、せめて一枚でも処分します。とても辛いことですし、もしかしたら捨てた後で後悔するかもしれません。

実はこの辛さこそが、私たちの生活習慣を変える効果につながるのです。

捨てる辛さを知ると、購入する時、本当に今、必要かどうかじっくり考えて買うようになり、無駄な買い物をしなくなります。
バーゲンなのでとりあえず色違いの服を買っておこうなんて軽はずみなことができなくなります。

 

まさに、断捨離をすることで、生活を向上させるという効果が生まれて生きているのです。

もし、断捨離をした後で後悔したとしてもこう考えてみてください。

また同じものが必要になった時は買い直します。断捨離の第一人者である、「やましたひでこ」さんは、その場合にかかる費用は預かり賃だと考えると無駄な出費とは思えないはずですとおっしゃっています。

その後悔は、断捨離によって得られた幸福よりも大きいかを考えた場合、断捨離によって得られた効果(生活のしやすさ、いい環境、幸福度)のほうが大きいはずです。

モノへの執着を捨て、心もストレスから解放されスッキリします。そして本当に価値のあるものに気づくという効果もあります。
さらに、物事の考え方や人間関係に対する考え方まで変わります。

それが、まさに断捨離の効果なのです。

 

服の断捨離は運気が上がる!

服を断捨離をすることで運気が上がると言われています。

どうしてなのでしょうか?

まず服の断捨離をして、収納場所が綺麗になったら、気持ちがいいですね。

一度断捨離を経験すると、無駄な服は買わなくなります。
持っている服を上手に着回しするようになり、 同じ服を大切に何度も着るようになります。

洋服を大事に何度も着ると、 洋服本来の役割を十分に果たせていますね。
しっかりと活躍してくれてありがとうという感謝の気持ちが洋服にわき、捨てることができます。

スポンサードリンク

着たい洋服がなくて 探しまわることは無くなり、クローゼットはすっきりして、ストレスもなくなります。
掃除もしやすいですし、服を探す時間を料理や掃除などの他の時間にあてることが出来ます。
無駄な服を購入しなくなると、そのお金を他の物に使うことが出来ます。
まさにお金を有効に使う方法です。

 

服を断捨離したことが心地よくなり、他の家じゅうの物の断捨離をしたくなります。
スッキリと片付いた家になると、友達を家に呼びたくなり、交友が深められます。
いつも綺麗な家だとストレスがなくなり家族関係がうまくいくようになります。

このように、心が軽くなり、物に対する感謝の気持ちが生まれ、今までに忘れていたたくさんの感動を味わうことができるでしょう。
つまり、断捨離によって運気がアップするということは、このような心が軽くなったことで、すべてが良い方向にむくことなのです。

 

服の断捨離の風水の効果

ちなみに「風水」ではどうなんでしょう?風水では、新しいものには新しい運気が宿るとされています。
その人の運に大きくかかわると言われています。特に身に着ける服や下着は、風水では気を付けたほうが良いようです。
2年以上着ない服や、1年以上着ている古い下着は、断捨離した方が良いとされています。

使わないものをとっておくと、運気は下がるとされています。

ファッションの流行を追いかけるのも一つの手ですが、買っても着ないものは捨てる段階になるともったいないことになり、断捨離できなくなりますね。

ここはセンスなのですが、なるべく流行を追わず、好きな服を買って、気持ちよく着ると心晴れ晴れ!

運も上昇してくるでしょう!好きな服は長く着れることにもなりますね。

あなたも、少しずつでもいいので服の断捨離をはじめてみませんか?

 

断捨離 でも服はもったいない。

服の断捨離は、もったいないという気持ちが生まれます。それが、ブランドの高価な服だったらなおさらです。
そんな時は、こんな方法がありますよ。

 

捨てるのではなく、リサイクルショップに持っていく。
リサイクルショップは、みんながほしがるようなブランドの服なら高値で売れますが、ほとんどは、何百円の買い取りになってしまいます。それでも捨てるよりはいいかもしれません。

知人に譲る。その服を喜んで着てくれる人がいれば、譲ってみる方法もあります。ですが、自分が着ないような服をもらってうれしいかどうかよく考えましょう。
最近では、綺麗な洋服が安くで販売されています。もし自分が逆の立場で、着なくなった服をもらってうれしいですか?本当にほしい人にだけ譲りましょう。

海外に寄付する。海外の衣料を必要としている方へ、服の寄付を受け入れている団体があります。

日本救援衣料センター 

NGOリサイクル環境組合

服ならなんでもいいというわけではありません。友達にあげられるような服、他の人が着られる服を選び送る前に洗濯をしましょう。

外出着としては、着ないけど、部屋着やパジャマとして利用する。

新品やブランドの服は、ネットオークションに出品する。

もし、着ない着物がたくさんあるなら、着物買取を利用する。

綺麗な柄の服なら、パッチワークなどの手芸に利用する。

子供の服やかばん、部屋の中のクッションなどにリメイクする。

犬の服にアレンジする。

小さく切り掃除に利用する。雑巾のように洗わなくてもいいので、汚れをふき取り、そのまま捨てれます。

このように、もったいないと思った時に捨てなくても、売ったり、譲ったり、他の物にリメイクすることで、眠っていた洋服が息を吹き返しますね。



 

まとめ

まずは、少しでもいいので服の断捨離をしてみましょう。きっと生活が快適になってくるはずです。

高齢化社会に突入した日本では、亡くなった方が生前使っていた大量の物の整理で、遺族の方が困っているそうです。
昔、物のない時代に生きた方は、物を捨てれずにためたまま亡くなられたのでしょう。もはや遺品整理は社会問題になっています。

年齢を重ねていなくても、若いうちから断捨離をして、本当に必要な物の中で生活することが今の社会には求められているのではないでしょうか?

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑