わきがの原因と対策を教えて!食事とおすすめのスプレーは?

公開日: 

わきがの原因と対策

わきがに悩む日本人は、意外と多いんですよね。

日本人は、わきがの人が少ないというデータ―があるので、臭うと気になってしまい悩みになっているのでしょう。

だれにも相談できずに、1人で悩んでいる方もいると思います。

さらにわきがって、自分では気づきにくく、家族に指摘されて気付いたと言う方もたくさんいます。

ここでは、わきがの予防対策や、食事などについてお話したいと思います。

スポンサードリンク

 

わきがの原因と対策を教えて下さい!

はじめに、わきがのしくみからお話しましょう。

人間の汗の分泌線には3種類あります。

エクリン汗腺とアポクリン汗腺、皮脂腺という3つの分泌腺です。

 

1、エクリン汗腺

エクリン汗腺から出る汗は、運動時や暑い時にかく汗で、体温調整を目的としています。

この汗は、99%の水分と1%の塩分でできていて、さらっとしています。

ほとんど水ですから、臭いはほぼ無臭です。

 

2、アポクリン汗腺

わきがの原因となっているのは、アポクリン汗腺から出る汗です。

わきの下や耳の中、乳首の周囲や陰部の周辺などに集中し、脂肪分やタンパク質、アンモニアや鉄が含まれているので、雑菌が繁殖し、臭いが発生します。

 

このアポクリン線は遺伝によって、多い人と少ない人、もともと無い人もいます。

このアポクリン線が活発な体質の人は、あの独特のツンッとするにおいを発することになります。

 

これもあとに書きますが、毎日とってる食事とも関連があります。

食事に気を付けることでも、ある程度抑えることができます。

 

3、皮脂腺

わきの下の毛穴には、もうひとつ皮脂腺があり、ここから出る脂肪も細菌を繁殖し、わきがの原因となります。

 

ですから、わきがの予防対策は、アポクリン汗腺や皮脂腺からの汗や分泌物を抑えるか、雑菌繁殖を抑えることになるわけです。

アポクリン腺からの汗を抑えるといっても、自然に汗は出るものなんで、難しいですよね。

美容外科では、アポクリン腺をとってしまうわきが手術ができます。

 

さきほど、アポクリン腺からの汗を抑えるのは難しいと言いましたが、一つだけ方法があります。

こちらも、美容外科などで行っている方法で、ボトックス注射により汗が出る伝達物質の分泌を抑える治療です。

とはいえ、保険適用外なんで、高額の自己負担がかかってしまいます。

 

では、自分で手軽にできるワキガ対策としては、デオドラント製品を使って、雑菌繁殖を抑える方法があります。

特に、殺菌成分や、制汗成分配合のデオドラントクリームは、効果的といわれています。

なぜクリームが効果的なのかというと、わきがクリームは、塗ることで汗腺を直接ふさいでしまうので、制汗効果が期待できます。

さらに、わきがクリームは、殺菌力のある成分が配合されていて、臭いの発生を防いでくれるとされています。

ちまたでは、さまざまなデオドラントクリームが販売されていて、一日1回塗るだけで効果が持続する口コミもたくさんありました。

 
私がわきが対策として、個人的におすすめするのは、わきがクリームですね。

是非、御自分にあったわきがクリームを探してみて下さいね。

 

わきが対策で食事何を摂れば?

次にわきが対策として、食事はどのように気をつければいいのでしょうか?

 

先ほどもご説明しましたが、わきがは、アポクリン腺や皮脂腺から出る汗や分泌物に雑菌が繁殖して臭いが出ます。

ですから、臭いが出やすくなる食べ物は避けたほうがいいということですね。

皮脂腺やアポクリン腺は、動物性油脂をたくさん摂ると刺激されてしまい、わきがの臭いを助長すると言われています。

バターやラードなどがそうです。

西洋人の7割がワキガがあるといわれてるのは、食事のせいかもしれませんね。

とはいえ、日本人の食事も欧米化しています。

 

メニューとしては、ラードを多く使った中華料理、バターがたっぷり入った洋菓子などです。

その他に、揚げ物やファストフード、スナック菓子のような脂っこい物も過剰摂取は避けたいものです。

 

香辛料も、アポクリン腺を刺激する物です。

香辛料は、発汗作用がありますから、汗を多く出しますよね。

激辛のカレーやキムチなどにも注意が必要です。

 

それでは、逆にわきがにいい食べ物ってあるのでしょうか。

実は、もう分かっていると思われるかもしれませんが、「日本食」がいいようです。

「生姜」「酢」「レモン」「梅干」のようなアルカリ性の食べ物は、臭いのもととなるアンモニアを排出してくれるとされています。

さらに、「ワカメ」や「昆布」「豆腐」「ほうれん草」「しいたけ」「緑黄色野菜」等々、「あ~!やっぱり!」ですよね。

 

特に、梅干は、口臭予防効果もあるほど、ワキガには良いとされています。

梅干って見るだけで唾液がでますよね。これが、口臭を抑えてくれるということのようです。

さらに、アルカリ性食品を食べると、わきがの原因となる雑菌の繁殖を防いでくれるでしょう。

 

逆に酸性食品の代表は、糖分です。

「糖分」をとりすぎると、アポクリン腺が刺激されてわきがの原因となります。

「肉」や「たまご」「穀類」なども酸性食品です。

 

とはいえ、アルカリ性食品ばかりを食べていればいいわけではないので、例えば肉類など酸性食品をたくさん食べたら、アルカリ性食品を食べて中和するという感じにして下さいね。

 

私たちの体って、食べたものでできているので、食事を気をつけることで、わきが対策をしてください。

スポンサードリンク

わきがのおすすめスプレーはこれ!

最後にわきがのおすすめスプレーについてお話します。

 
やはり、選ぶならわきがにアプローチしたスプレーがいいですね。

特にミョウバンは、生ごみの臭いを一滴で撃退するほど効果的なんですよ。

足の臭いにも「ミョウバン」がいいって良く聞きますね^^

そのミョウバンが配合されたスプレーがあるんです。

 ミョウバンスプレー

 
このスプレー、私も思春期の子供のために、購入したことがあります。

個人的には、ボトルが小さいわりに、値段が高いなあという印象がありました。

消臭効果は、ありましたね。

ですが、スプレーボトルに、ズバリ!ミョウバンスプレーと書いているので、子供が嫌がって使わなくなってしまいました。

小さいボトルに移し替えてもいいですね。

 

 クリアネオ

そのほかに、おすすめは、クリアネオです。

こちらの商品の特徴は、ワキガ菌を99.9999%カットすることができるというすごさです。

さらに、香料、着色料、鉱物油、石油系界面活性剤、パラペン、オイル、紫外線吸収剤などが使われていないので安心して使うことができますね。

 

 Ag+ パウダースプレー

やはりスプレーといえば、8×4のような昔からあるスプレーが今でも人気ですね。

良心的な価格で、清涼感があって、さらっとした使用感は、特に若い方に人気です。

中でも特に資生堂の、AG+ パウダースプレーは、CMがインパクトがあり、消臭効果が期待できます。

 

ヌーラ

それと、忘れがちなのは、洋服です。

実は、私たちの汗は、洋服が吸いこみます。

汗を吸った洋服の中で雑菌が繁殖し、臭いがするのです。

ですから、洋服にスプレーする商品があるのです。

 
ヌーラは、私の子供たちが思春期で部活などで洋服の臭いが気になったので購入していました。

値段は、高いのですが洋服の臭いが、緩和されたと思います。

思春期って、特に臭いに対して過敏な時期なので、愛用していました。

 

このように、肌にアプローチするスプレーと洋服にアプローチするスプレーを両方利用して、ワキガ対策をしてみませんか?

 

まとめ

誰にも相談できないわきが・・・。

でもあきらめないで、今回お話しした予防対策や、食事やスプレーで少しでも改善されることを願っています。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑