顔のテカリを抑えたい男性のために!洗顔方法とその他の対策

公開日: 

顔 テカリ 抑える 男

顔のテカリって、男性の人も意外に気にしています。どうして起こるんでしょうね。

乾燥肌のはずなのに、なぜか顔にテカリが・・・ということありませんか?

不思議ですよねぇ。

男性は女性に比べて、毛穴が大きく、2倍もの皮脂を分泌すると言われています。

顔のテカリは抑えたいですよね。!

何かいい方法はないものでしょうか。

スポンサードリンク

 

顔のテカリを抑えたい男性のために!その原因は?

顔のテカリを抑えるには、どうしたらよいか?

まずはどうして顔のテカリが出てしまうのか、その原因が何なのかをはっきりさせた方がいいですね。

顔がテカるから「脂性肌」だとお思いでしょう。

顔が油っぽいのかな?って思います?

でも肌が乾燥するから、「脂性肌」になるって知ってました?

 

実は、私は乾燥肌なのにどうして顔にテカリが出てしまうのでしょうか?・・・と、常々不思議に思っていたんです。

テカリの原因は皮脂です。皮脂が過剰に出てしまうんです。だからどうして?

それで、私なりによく調べてみたら、乾燥しているからこそ顔にテカリが出るんだということがわかりました。

つまりお肌が乾燥をしているから、脳の機能として、それを守ろうとする作用が働き、皮脂が分泌されるんです。

乾燥こそが顔のテカリの原因だったんですね。

意外でびっくりしてしまいました。

 

だから、顔のテカリを抑える方法は、乾燥肌対策をすれば良いということになります。

そのことをふまえて、顔のテカリを抑える方法を以下にまとめてみました。

 

顔のテカリを抑える洗顔方法は?

男性も、いまどき、スキンケアするなんて当たり前になっていますね。

それを前提に話しますが、化粧品を使ってなくっても、テカリを取るのに役に立ちますから、最後までお付き合いを!

 

正しい洗顔のポイントとして、まず、「洗顔しすぎない!」ということがあります。

顔がテカリ、皮脂が気になると、どうしてもしっかりと洗顔したくなるのですが、そもそもテカリの原因が乾燥だとわかれば、「洗顔をしすぎない!」というのも納得できますよね。

では、なぜ肌が乾燥するとテカリが出てしまうのでしょう?

それは、肌自身に肌本来の力が働いて、皮脂を分泌して乾燥を防ごうとするからなんだそうです。

 

私は、朝の洗顔も洗顔フォームを使って洗顔していたのですが、これがまずNG!

朝はぬるま湯洗顔でOK なんです。

肌には肌本来の力がありますので、洗顔しすぎて皮脂を取りすぎたらだめなんですね。

ただし、夜の洗顔はしっかりやりましょう。

汚れをしっかり落とさないと、毛穴に詰まって肌荒れやにきびの原因になってしまいます。

当然、汚れがしっかり落ちていないということは、残った汚れが邪魔をして、化粧水が肌に浸透していきませんよね。

 

そんなわけで、夜、毛穴の汚れや角栓を落とすクレンジングはとっても大切なんです。

男性もクレンジングを使いましょう!

ですが、クレンジングに関しては注意も必要です。

クレンジングの中で、ふき取りタイプのものがあると思うのですが、これはNGです。

オイルタイプやクリームタイプのクレンジングを手にとって、顔にやさしく馴染ませていき、角栓や汚れを浮かせて落とすようにしてください。

拭き取りタイプのクレンジングだと、肌への刺激が強く、肌を傷つけてしまう可能性も高いんですよ。

<顔のテカリを抑える正しい洗顔方法についてのまとめ>
・朝の洗顔はぬるま湯で皮脂を落としすぎないこと
・夜のクレンジングに拭き取り式はNG。
・やさしく汚れを浮かせて落とすクレンジングをしてください。
スポンサードリンク

顔のテカリ対策はこの方法で!

【方法1】正しい保湿をすること

顔のテカリの原因が乾燥だということがわかったので、顔のテカリを抑えるために、お肌をしっかり保湿してあげましょう。

顔のテカリに乾燥は大敵ですよ。

クレンジングで汚れをしっかりと落とせたら、今度は、化粧水でしっかりと水分を肌の奥まで浸透させていきます。

化粧水は、コットンではなく手に取り、手のぬくもりで温めながらゆっくりやさしくパッティングし、ときにはやさしくプッシングしながら肌にじっくり馴染ませていきます。

そして、必要ならば化粧水の後に美容液を浸透させます。

そして、せっかく浸透させた水分・美容成分を逃さないように、スキンケアの最後には、乳液(クリーム)をやさしく塗って、ふたをします。

しっかり保湿ができていれば、肌は過剰に皮脂を分泌しようとはしないはずですので、顔のテカリを抑えることができるでしょう。

正しい順序で、やさしくしっかり保湿をしましょう。

<顔のテカリを抑える正しい保湿についてのまとめ>
次のように正しい順序で、保湿をすること
1、化粧水を、手で肌の奥までしっかり浸透させる。
2、美容液を使う場合は化粧水の後に使い、浸透させていく。
3、スキンケアの最後に、乳液(クリーム)を塗ってふたをする。

テカリを抑える化粧品は、何を?

やはり保湿効果が高い化粧品ですが・・・

テカリの元となる皮脂は毛穴から出ます。ですから毛穴を引き締める化粧品を選ぶと良いです。

毛穴を引き締めると、そこから皮脂の分泌を抑えることができます。

 

【方法2】肌に刺激を与えないこと

肌に刺激が加わることで、肌自身がその刺激に対して何とかしようと過剰反応してしまわないよう、肌には極力刺激を与えないようにしましょう。

まず、「こする」という動作は肌に強い刺激を与えてしまい、肌を傷つけることになってしまいます。

そんなことから、拭き取りタイプのクレンジングはNGということになりますよね。

洗顔時に手でごしごしこするのもNGですし、洗顔後にタオルでごしごし拭くのもNGです。

タオルでおさえるようにやさしく水分をぬぐってくださいね。

 

それから、肌への刺激というと「紫外線」ですね。

UVケアをしっかりして、紫外線から肌を守りましょう。

男性でもここまでやります。

紫外線は、乾燥ももちろん、しわやシミの原因になります。

そして、肌への刺激は外からのものだけではありません。

暴飲暴食、喫煙、睡眠不足、ストレスなどは、体の内から肌へ与える刺激となりますので、日常生活を見直し、生活リズムを整えましょう。

<肌への刺激についてのまとめ>
・「こする」動作は行わない
・UVケアをしっかりする
・日常生活を見直し、生活リズムを整える

 

【方法3】油とり紙は使わない

顔がテカると、そのテカリを取りたくなりますね。

油とり紙は顔の皮脂を取ってしまいます。そうするとまた乾燥状態になって、肌を守る作用が働きます。

そうすると、さらに皮脂が出てくりことになります。

方法としては、軽くティッシュで押さえるくらいにしてください。

 

まとめ

男性の顔のテカリの原因が、意外にも乾燥にあることがわかりました。

顔のテカリを抑えるには、正しい洗顔、正しい保湿をして、肌に刺激を与えないということがとっても大切なんですね。

顔のテカリが気になっている方、いま一度、洗顔方法や保湿の方法、日常生活を少し見直してみてください。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑