手荒れがひどいです 原因は?治す方法と、受診は何科を?

公開日: 

手荒れがひどい

手荒れってつらいですよね。
私も、主婦業や仕事柄手を酷使しているので、いつも手が荒れてしまっています。
人前で手を見せるのが恥ずかしいくらいに、ボロボロです。
私のように、手荒れで悩む方が今回の記事を読んで、少しでもお役にたてればと思います。

スポンサードリンク

 

手荒れがひどい原因は?何とかならないかしら?

手荒れがひどいのは、そもそも何が原因なんでしょうか?

手荒れで悩んでいる方は、ダントツで主婦ですよね。

主婦は、毎日水仕事をします。
洗い物などで、洗剤や時にはお湯によって、手の皮膚の皮脂がとれてしまうのです。
そのことで、肌を守るバリアが失われて、パックリとひび割れしたり、あかぎれなどになります。
また、炎症を起こしてかゆみが出たりもします。

 

最近では、食器洗い洗剤の洗浄力が高くなっており、肌に良くない合成洗剤は、肌の水分や皮脂をさらに奪ってしまいます。

そして、冬場は特にお湯で食器を洗うと思いますが、
お湯もよくありません

 

主婦以外に、仕事柄、手を酷使する方も、手荒れがひどいです。

調理師、看護婦、美容師、ハウスクリーニング業、レジをする方、など頻繁に水仕事をしたり、きつい薬剤やアルコール、お札によって手が荒れてしまう場合もあります。
私が通っている美容室の美容師さんは、ものすごく手が荒れていて、本当にかわいそうなくらいになっています。
私も手荒れがひどいのですが、きつい薬剤を使う美容師さんの手荒れは、すごいんですね・・・。
それでも手を酷使してお仕事をしてますね。

 

手荒れといっても、主婦のような水仕事で手荒れになる場合、薬剤やお札の紙で手が荒れてしまう場合とさまざまです。

手荒れがひどくなってしまうと、お風呂に入って自分の髪の毛のシャンプーですらつらくもなりますよね。

私も年中、手荒れがひどくて、ぱっくり割れと夜中の指のかゆみ、水泡に悩んでいます。

では、具体的にどのように治したらいいのか、次の章でお話したいと思います。

 

手荒れがひどい 治す方法をいくつか教えて下さい!

手荒れを治す方法って、どんな方法があるのでしょうか。

主婦に多い手荒れは、主に水仕事が原因なので、水仕事の時に注意します。
とにかく、治すには、手に刺激を与えないようにすることが大切です。

 

素手で、食器を洗うのではなく、ゴム手袋を使用 します。

ゴム手袋は、内側に汗を書きやすく蒸れますので、必ず薄手の綿の手袋をして、ゴム手袋をします。

これは、私が通っている皮膚科の先生が、教えてくれた方法 です。

 

料理の時は、使い捨ての薄いビニールの手袋をして調理をすれば、衛生的にもいいですし、料理の材料で手荒れすることを防げますね。
私は、湯がいたホウレンソウの水分を絞る時や、イカ等をさばくとき、やまいもや里芋を触る時に特にかゆみを感じるので、利用しています。

 

そして、手を洗う場合は、お湯ではなくぬるま湯か水にして、洗った後はしっかりと清潔なタオルで水分をふき取ります。

ハンドソープを使用する場合は、低刺激のものを使ったほうがいいでしょう。
仕上げに、ハンドクリームで手を保護します。ハンドクリームも、刺激の少ないものをつけます。

 

主婦の場合、水仕事以外の掃除や洗濯でも手を酷使しているので、気をつけないといけません。
私も、実行していますが、薄手の綿手袋を着用して掃除機をかけたり、洗濯物を干したりしています。
洗濯を干したり掃除機をかけると、かなり手の脂分をとられますが、綿手袋をすることで保護することができますよ。

面倒でも、日々の積み重ねで手荒れを防ぎ、自然治癒力によって治すことができるのです。

 

スポンサードリンク

主婦は、以上のようなことを気をつけることで、手荒れをずいぶん予防できますが、仕事上の手荒れについてはどうでしょうか。

きつい薬剤を使用する仕事の場合は、業務用のゴム手袋や、手術用のゴム手袋を利用するのが対策として考えられます。
美容師さんも、カラー剤やパーマ剤を扱う時は、業務用の黒い丈夫なゴム手袋をしてますよね。

そして、まめにハンドクリームを塗って保護してあげることが大切です。

私が個人的におすすめするのは、

アベンヌハンドクリームです。

 

パックリ割れの部分には、痛いのでやはり絆創膏が、作業の邪魔にならないのですが、この絆創膏には、注意が必要です。

私もパックリ割れが痛すぎて、絆創膏を貼らずして仕事や家事ができないので、頻繁に貼るのですが、貼ったまま手を洗って、そのままにしておくと蒸れてかゆくなるんですよ。
絆創膏の中は、貼りっぱなしにすると、不潔になって皮膚に良くないんですね。

 

ですから、一時的にパックリ割れを保護するために、絆創膏を貼ったとしても、手を洗うたびに貼り替えたほうがいいのです。
はがして、ハンドソープで洗うと、とても痛くて悲鳴が上がりそうになりますから、ぬるま湯で優しく患部を洗い流す感じにしましょう。

そして、貼りっぱなしで寝てしまうと、絆創膏の粘着力でかぶれてしまうこともあります。(筆者はよくあります)
ですから、寝る時は、絆創膏は、はがして、薬で保護して、綿手袋をして寝るのがいいですね。

 

あと、液体絆創膏のコロスキンのようなものも、注意が必要です。
私も昔、利用したことがありますが、セメダインのような形状で、傷口に塗ると、はじめものすごくシミます。

塗って、接着剤の役割で傷口をふさぐものらしいのですが、
皮膚科の先生は、皮膚の治癒を阻害するのでやめたほうがいいとおっしゃってました。

使用感に個人差があると思いますので、短時間にどうしても傷口を保護しないといけない場合には、効果があると思います。

このように日常生活で、工夫することで手荒れを上手に防いで下さいね。

 

手荒れを受診するには?皮膚科に行っても治らないです。

手荒れで受診するとしたら、やはり皮膚科でしょう。
皮膚科に行く状態ということは、かなり手荒れが悪化している状態ですよね。
私も長年、皮膚科を受診しています。

やはり、一番ひどい個所には、ステロイド剤が処方されます。
ステロイドというと、副作用が心配されますが、塗った皮膚が薄くなるというような副作用はあります。
私もひどい部分にはステロイド剤を塗りますが、塗った次の日には、皮膚がつるんと速攻でよくなります。

 

そして、水仕事をして手荒れをしてステロイドを塗る・・・という繰り返しです。
ですが、医師の処方で出していただいた薬なんで、薬局でわけもわからず選んだ薬とは違いますね。
私の場合、
指導を守って使っていれば、あまり副作用を心配することはありません。

 

さらに私は、皮膚科を受診すると、ステロイド薬が塗られている貼るタイプのテープ剤を処方してもらっています。
これは、湿布くらいの大きさのものなんで、指に合わせて自由に切り、貼ることができるんです。

ドレニゾンテープといわれるものです。
このテープは、薬がついているので、12時間くらい貼ったままでも大丈夫なのがうれしいところです。

また、夜は、処方された軟膏を塗って、ガーゼをあてて、テープで止めて寝ると、いいようです。

 

やはり、皮膚科に行くと、手荒れの症状にあった薬を処方してくれるので、受診することは大切です。
ですが、セカンドオピニオンという言葉があるように、もし受診した皮膚科で治らない時は、別の皮膚科を受診するという方法もありますね。

ただ、日常生活に置いて、1章や2章でお話しした手荒れを防ぐ方法を実践しているということが大前提になります。

どうしても、手荒れに悩まされているのでしたら、一度お近くの皮膚科を受診するのも一つの方法ですね。

 

まとめ

最後に、手荒れは、まめな努力なしでは、完治しません。
完治したとしても、水仕事や家事をする主婦にとって、薬剤を使う仕事の方にとっては、また悪くなる可能性があります。
だからといってあきらめずに、地道に手荒れを治す方法を続けてみて下さいね。

関連記事

≫≫≫ 手指がぱっくり割れるのは主婦湿疹。ステロイドの副作用と対処方法を!

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑