アトピー改善 デトックスの方法とは?期間と好転反応とは?

公開日: 

atopi-tophe

かゆく赤くなるアトピーは、まさに「体の中で何かが暴れ回っている!」という感覚を受けますよね。
そのためアトピーの改善に取り組んでいる人は、デトックスという言葉に敏感になっているかと思います。

話題のデトックスウォーターの作り方や、今回は、体内のアトピーの原因を外に押し出すためには何をすれば良いのかを考えていきましょう。

スポンサードリンク

もくじ

★第1章:アトピーのデトックスの方法とは
・第1章-2:デトックスウォーターでアトピー対策
★第2章:デトックスに必要な期間とは
★第3章:デトックスの好転反応とは!?
★まとめ::アトピーはデトックスからのまとめ

★第1章

アトピーのデトックスの方法とは

 

アトピー改善のためのデトックスには、体内からのアプローチと体外からのアプローチの両方があります。

まず体内からのアプローチですが、これはやはり「デトックスに効く食べ物を食べる」ということが一番です。
体の中にある老廃物や不要物を外に出してしまうためには、腸内の環境を整えることが大切だからです。

そのため、なるべく「腸内環境に良い」とされるものを食べるようにしましょう。
おすすめは発酵食品です。
ぬか漬けやキムチなどの漬物には、乳酸菌などの善玉菌がたっぷり含まれています。

これらの発酵食品は本当は自分で作ることをおすすめします。
市販の漬物やキムチにはたっぷりと食品添加物が入っているからです。
もし可能なら、パウチに入って短期間だけ使うぬか床や、キムチつくりのためのスパイスセットなどを購入して自家製で作ってみてくださいね。
どうしても市販のものを買うことになったら、なるべく添加物の少ないものを選ぶようにしましょう

 

またお味噌にもこだわりましょう。
添加物や人工のダシの入ったものではなく、麹が生きているような天然味噌を使うことで腸内環境のバランスは整い始めます。
お味噌は保存食品なので、一回買うと長く使うことができます。
通販などで、美味しく自分に合うものを見つけてみましょう。

その他は、ビタミンやビオチン、亜鉛などのサプリメントを使って体のバランスを整えることもできます。
バランスが整うと体のデトックスも進んでいきます。

体外からのアプローチとしては、リンパマッサージや整体が副作用も少なくおすすめです。
体のゆがみを取って血行を良くすることで、もともと人間の持っているデトックス能力は高まっていきます。

 

また人体にとっての最大のデトックスは「汗」と「便」です。
アトピーの人はこのふたつがうまく出ていないことも多いでしょう。
生活改善をして、自然なデトックスができる体になるようにしたいですね。

汗を出すには運動や半身浴が有名ですが、アトピーの人に効果のあるデトックスとして「岩盤浴」も挙げられます。
アトピーの人は汗腺がうまく働いていないため、汗がうまくかけない体になっている可能性があります。
いい汗をかけるようになるまで、岩盤浴には数回通ってみることをおすすめします。

さらに「ちょっと乱暴だけど、強制的にデトックスしたい」という場合には「瀉血」「腸内洗浄」「断食」などをする人もいます。
一気にデトックスが進むため効果はありそうですが、これらのやり方にトライする際には個人判断で行わず、専門家と一緒に取り組んでくださいね。

 

★第1章-2

デトックスウォーターでアトピー対策

最近人気のデトックスウォーターを知っていますか?
これはミネラルウオーターに、野菜・フルーツ・ハーブなどを入れて作る自家製のフレーバードリンクのことです。

自然の食材からの栄養素をたっぷり摂れることと、野菜やフルーツの抗酸化作用から美容に効果があるということで人気が出ました。

アトピーの人にとっては、甘い清涼飲料水や人工甘味料の入ったドリンクは大敵。
しかしデトックスウォーターなら、ビタミンやカリウムを生の野菜から摂ることができるのが大きなメリットです。
旬の野菜や果物を使って、いい栄養をたっぷり体に取り込んであげてみてください。

 

作る際の注意点は、皮ごと使う場合には無農薬のものを使うということと、長期保存はできないので作ったら早めに飲み切るということ。

使う野菜やフルーツによって、むくみ解消やアンチエイジングなどいろいろな効果があるとされています。
アトピーの人にとってはどれも気になる効果ですね。

たっぷりの生の野菜やフルーツの力を借りで、体のデトックス能力の向上を目指してみてはいかがでしょうか!?

 

スポンサードリンク

★第2章

デトックスに必要な期間とは

デトックスに取り組み始めて考えることは「いつになったら効果が十分に出るの?」ということでしょう。
しかし一概に「何日間でこうなる」などと答えが出ないのが体のデトックスです。

例えば、悪いものを食べて急に下痢やおう吐をする。
トイレにこもることになり、辛い状態になりますが、これは体が「ウイルスを追い出すために強制的に急いでやっているデトックス」です。

しかし今まで何年間もかけて体内にため込んだ老廃物は、急性のウイルスとは違います。
そうそう簡単には全部出し切ることはできません。
そのため、急な効果を求めることは逆に危険とも言えるのです。

アトピーの人は肌のターンオーバーサイクルも狂ってしまっていますよね。
しかし正常な肌のサイクルは28日前後と言われています。
健康な肌でも、不要な細胞を排出するのに28日かかるのです。
時間がかかることは覚悟して、自分に合ったやり方で取り組めるようにしていきましょう。

 

★第3章

デトックスの好転反応とは!?

好転反応」という言葉を聞いたことはあるでしょうか。これは、体が正常な状態に戻る際に一度症状が悪化する過程のことを言います。

漢方の世界では好転反応のことを「めんげん」と言い、「めんげんなくして快癒なし」、つまり好転反応が無いのに治ることは無いよ、とまで言われています。

例えば今まで冷え性などで体が詰まり切っていたとします。
それを、マッサージや半身浴などで汗をかきデトックスを進めることで改善しました
すると、今まで詰まっていた老廃物が「出口ができた!」「早く外へ!」とばかりにどんどん出始めます。
これを好転反応と言います。

 

好転反応は、辛い状態です。
アトピーの場合は皮膚に激しい症状が出てしまうため、「また悪化してしまったかも」と不安にもなってしまいますよね。
しかしそれが体にとっての正しい反応とも言えるので、不安がらずに出し切ってあげることを考えましょう。

また、せっかく反応が出ているのに薬で抑えてしまうのは止めましょう。
アトピーの場合はついついステロイドを塗ってしまいたくなるでしょうが、デトックスのために肌から老廃物を出している最中にステロイドを塗られてしまったら、体は混乱します。

せっかく出始めた老廃物は、出し切りたいですね。
もしこれが好転反応なら、体の思うように出してあげていたら必ず治っていきます。
数週間は様子をみるようにしてみましょう。

 

しかし、好転反応の難しいところは「その症状が本当に好転反応なのか」「他の要因による他の病気・悪化か」の見分けがつかないところです。

そのため本気でデトックスに取り組む際には、知識のある専門医や経験者に相談できる体制を取ることをおすすめします。

デトックスのための好転反応だと思っていたら、全く別の重い病気だった…なんていうことの無いようにしたいですね。

 

まとめ

アトピーはデトックスからのまとめ

アトピーは肌からのデトックスです。そして「皮膚は臓器の一部」とも言われていますから、アトピーが悪化するということは体内の状態があまり良くないということでもあります。

改善のためにいろいろ取り組むのなら、ぜひデトックスにも目を向けてみましょう。
体から不要なものをどんどん追い出して、スッキリしたお肌に戻れるようにしたいですね!

atopi-tophe

 

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑