暑さ対策 窓にシート貼る?カーテンボックスとかスプレーは?

公開日: 

暑さ対策 窓

 

暑い夏。窓から熱気が入り、部屋の温度はうなぎのぼりです。皆さんのお住まいの窓の暑さ対策は、どのようにされていますか?
ここでは、自分で簡単にできる窓の暑さ対策についてお教えします。

スポンサードリンク

 

暑さ対策 窓にシート貼るのは効果的?難しい?

家の暑さは、約7割が窓から入る熱気が原因と言われています。
ですので、暑さ対策において、窓からの熱を出来る限りシャットあるとすることが家を少しでも涼しくするキーポイントになります。

そもそも、太陽の光は、赤外線、可視光線、紫外線からなっています。
私たちが暑いと感じるのは、赤外線で、中でも近赤外線をシャットアウトすることが、暑さ対策に効果があります。

可視光線は、明るさに関係しているため、この光をさえぎると、部屋が暗くなってしまいます。
紫外線は、女性のお肌の敵!であり、浴びると皮膚の老化につながるので、シャットアウトしたいですね。

 

ここでは、窓の暑さ対策として、シートを貼る方法について書いてみたいと思います。
暑さ対策用の窓シートには、いろいろとタイプがあり、ホームセンターで手軽に購入できますし、自分で貼ることもできます。
単純に、シートを貼ったら、冬のポカポカが少なくなってしまい寒いんじゃないの?と思うかもしれません。
最近の窓用遮熱シートは断熱性があるものもあり、冬場に 暖房で温めた部屋の熱を逃がさないように工夫されている商品もあります。
ですので、夏、冷房で冷やした空気も外へ逃がしにくいんです。

 

どれを買ったらいいのか分からないという方に、おすすめのシートを御紹介します。

 テクノエイム 保温・遮熱シート (無地タイプまたはレースタイプあり)
サイズ90×90cm 無地(断熱 UVカット 紫外線カット 遮光カット 窓 省エネ 冷房 暖房 節電対策 エコ)
価格 980円 (税込 1,058 円) 送料は、購入先で違います。
タ イ プ 無地 / 花柄  の2種類展開しています。
材 質: 表面 : ポリエステル、裏面 : 塩化ビニール
生 産 国  日本製
冬は保温効果、夏は遮熱効果があります。自由に貼ってはがせるます。 夏と冬の日差しの角度で貼る場所もかえれます。
吸盤効果で窓に貼りつくので、はがした後の、のりの後が残りません。賃貸住宅などにもおすすめです。
汚れたら、はがして洗えます。目隠しにもなります。窓の一部に貼るタイプです。

 

 テクノエイム 遮光、遮熱メッシュ
サイズと価格 90×90cm 1.980円  、 90cm×180cm 2.980円 (UVカット 紫外線カット 遮光カット 省エネ 節電対策 目隠し フィルム)
材質: (表面) アルミ蒸着 / ポリエステルメッシュ、(中面) アクリル粘着剤、(裏面) OPPセパレーター
生産国 日本製

外からの視線は、しっかりカットし、室内からは良く見えるので、圧迫感がないです。
全面粘着タイプで貼るだけで、遮光性61%、紫外線カット60%、断熱効果25%です。
アマゾンやその他で販売しています。

その他、いろんなメーカーから多種の商品が販売されていますから、是非いろいろと比べてみましょう。

 ニトムズ
 3M

その他アイリスオーヤマ、TRUSCOなどからもいろんなタイプが販売されています。

 

ポイントは、明るさ、暑さ、紫外線など何を遮断して何を重視するかによって選ぶ商品が変わってきます。また冬場は、結露や温かさを重視するかによっても商品が変わりますね。
御自分にあった、商品を選びましょう。

窓に貼ることで、暑さ対策のみならず、夜には、室内の灯漏れを防ぐので、虫対策にもなりますし、窓を割って侵入されにくくなるので防犯にもなりますね。
ミラータイプのシートは、外から部屋の中が見えるのを防いでくれますね。
自分でも、簡単に貼ることが出来ますので、是非挑戦してみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

 

暑さ対策は窓のカーテンボックスに工夫!

次に暑さ対策として、窓のカーテンレールの上部や横の隙間から熱が入ってきてしまうのを防ぐ、カーテンボックスを御紹介します。
外からの熱をシャットアウトするので、室内の温度が上がるのを防ぎますし、夜は、室内の光がもれないので、虫が窓際に寄ってくるのを防ぐことが出来ます。
また、朝日が強くて安眠妨害することも防げます。

 

フルネス レイベル 遮光性・断熱性を高めるカーテンボックス

ドライバーが1本あれば、今あるカーテンレールに、女性でも簡単にカーテンボックスを取り付けることが出来るんですよ。

取付方は、とっても簡単!

1、今あるカーテンレールのストップカバーをはずします。
2、レイベルのサイドカバーをつけます。
3、サポート金具をとりつけ、カバーの長さをカットしてカーテンレールにのせます。
4、カーテンの左右をリターンします。
5、フロントカバーをつけて完成です。

カーテンボックスを取り付けると、カーテンレールの上部や横の隙間から入る光や熱を遮断し、暑い夏の日差しをカットします。
また、おしゃれな色展開なので、インテリアのアクセントにもなりますね。
また、ボックスの上に小物を置いて、インテリアの幅を広げたりもできますよ。
デメリットは、上部にほこりがたまりやすいことですね。
カーテンボックスで、暑さ対策をしてみませんか?

暑さ対策は窓にスプレーは?

夏の暑さ対策に、窓にスプレーするものもあります。おすすめの商品を御紹介しましょう。

商品名:「寒い暑いその時」
成分:特殊シリコーン系化合物・非イオン性界面活性剤・精製水(乳白色懸濁液・中性)
内容量:400ml(約50m2分)/200ml(約25m2分)
値段:¥2,149 (税込)
室内側からふきかけて、約1ケ月効果が持続します。水性なので安心で安全、においも気になりません。
最大25%の節電効果が期待できます。冬の温かさをキープして結露も防止するタイプです。

 

商品名:クールプラス UV99.5(シバタ化成株式会社)
成 分:紫外線吸収剤・化学合成剤・ソルベント(工業用)・アルコール55-65%
内 容 量100ml(専用スポンジ付)
値段:1,944 円 (税込)
生 産 国日本
室温が3~4度下がるそうです。UV効果は、なんと60日持続。専用スポンジで窓ガラスに塗るだけです。フィルムを貼るより手軽で外の熱と日差しをさえぎります。
熱量35%緩和、紫外線99.5%カットします。家の窓だけでなく、車の窓にも最適です。
スポンジで塗るので、スプレーと違い、周りに飛び散ることは、ありませんね。

アマゾン、楽天、YAHOOショッピングなどで購入できます。

シートだと、面倒だし景観を損なうけど、スプレーだと、簡単で便利だと好評のようです。金額もお手頃でいいですね。

 

まとめ

昔からある、すだれやよしずは、洋風の家には、イマイチお洒落ではない感じがしますが、窓シートやカーテンボックスやスプレーなら、家の外観を損なわずに暑さ対策が出来ていいですね。

暑さ対策用のガラスに交換すると、とても高額になりますが、自分でできるシートやカーテンボックス、スプレーならコストをあまりかけずに、簡単に暑さ対策ができます。

お金をかけずに簡単に暑さ対策をして、暑い夏を乗り切りましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑