敬老の日のプレゼント嬉しいものは?手作りでメッセージカードを

公開日: 

敬老の日のプレゼント

敬老の日のプレゼントは何が良いか悩んでしまいますね。毎年のことなのでプレゼントもマンネリ化をしてしまうので、今年こそ目新しいプレゼントはないかなと考えてもアイデアが思いつかないことも多いですね。

スポンサードリンク

 

敬老の日のプレゼントで女性がうれしいものは何ですか?

敬老の日は義父母と実父母両方にプレゼントを贈る場合が考えられますが、ここでは女性がもらってうれしかったものベスト5をあげてみたいと思います。

第一位  お花

やはり女性は年に関係なく花は特別なプレゼントですね。生花を送ってもよいのですが、最近特に人気なのが「ブリザードフラワー」です。
水やりなどの世話も必要がないし、枯らしてしまう心配もありませんし、3年~5年は美しい状態が保てます。
花の種類や形、色なども豊富なので相手の好みによって選ぶことができます。

第2位  洋菓子

ホテルの高級菓子やプレミアムプリン、お取り寄せのお菓子など普段自分では買う機会が少ないちょっと贅沢なものが喜ばれます。
情味期限が短いものが多いので確実に受け取ってもらえるように、事前に確認したほうがよいでしょう。

第3位  和菓子

洋菓子よりもやっぱり和菓子が好きという人にお勧めです。素材にこだわった品を選べば確実に喜んでもらえそうです。日本茶とセットで送るのもよいかもしれませんね。

第4位  バック・財布

すでにいくつか持っている場合も多いので、新しい機能を備えたものなど新鮮味が感じられるものがお勧めです。

特にお財布は、いま持っているものとか形がかぶらないように事前にリサーチしておくことも大切です。

第5位  健康器具

マッサージ機具や健康グッツなどいろいろなアイテムがあるので、相手が喜びそうな字名を選ぶのがベストですが、機能性靴下(足が冷えないものなどや、着圧ソックス)などは日常的に使えるので喜んでもらえそうですね。

以上が人気ランキングですが、敬老の日のプレゼントは毎年のことなので、今年こそ目新しいものを送りたいと思う人もいるのでは。
そういうときは手作りのものをプレゼントすると受け取るほうもまた、うれしいものではないでしょうか?

 

敬老の日のプレゼントで手作りだと何が良い?

手作りのプレゼントで何かよい品はないかと悩んでしまいますが、ここからはもらってうれしかった手作りのプレゼントの一部を紹介したいと思います。

スポンサードリンク

 

手作りお菓子
手作りの品の定番ですが、健康を考えた素材にこだわったクッキーやケーキなどは喜ばれそうです。

 

手作り写真たて
フレームを素敵に飾ったりするとしゃれた感じになります。
観覧車型のフォトフレームなどは写真が何枚も入れられるし見ていても楽しめます。

 

名前や写真入お湯のみ・エコバック
市販のお湯飲みやエコバックに好みの文字や画像を入れて送るのはどうでしょう。
日常的に使ってもらえる品なので喜んでもらえそうです。

 

エコたわし・なべつかみ
手作りの手芸用品の中でも比較的簡単に作れるので人気です。
お孫さん手作りの品など送ったら確実に喜んでもらえそうですね。

 

敬老の日のプレゼントにメッセージカードを添えたいと思います。例文は?

敬老の日のプレゼントにメッセージカードが添えられていると、もらったほうも喜びが倍増するのではないでしょうか?
でも、メッセージカードにどんなことを書いたらよいのか悩んでしまいますね。
改めてメッセージを書くとなると照れくさい気持ちもあるので考えてしまいますが、やはり普段お世話になっている感謝の気持ちをストレートに書いたほうが、受け取った人にも気持ちが伝わるのではないでしょうか?

例文としては

いつも見守ってくださってありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

普段は口に出して言えませんがいつもありがとうございます。ありがとうの感謝をこめて送ります。

いつもありがとうございます。体に気をつけてお過ごしください。

日ごろの感謝の気持ちをこめて選びました。使ってもらえるとうれしいです。

いつも気にかけてくださってありがとうございます。これから寒くなっていきますので体に気をつけてお過ごしください。

などですが、長文でなくても自分の素直な気持ちを書いたほうが相手には伝わるのではないかと思います。
また、自分ひとりのメッセージだけではなく、お孫さんなど他の家族のメッセージも一緒にカードに添えられていたらより一層嬉しい気持ちになるし記念になると思います。

 

まとめ

敬老の日のプレゼントは何が良いか悩みますが、贈る人への感謝の気持ちも一緒にプレゼントを贈れば、どのようなプレゼントをもらったとしても相手には気持ちが伝わるのではないでしょうか?
それぞれが記念になる敬老の日が過ごせたらよいですね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑