インフルエンザが移る期間は?子供に移さない方法は?

公開日: 

インフルエンザ移る

 

寒くなってくると、インフルエンザが気になる季節ですね。
予防接種をしていても違う型のインフルエンザにかかってしまったり、どのように対策すればいいのか悩みます。
ここでは、インフルエンザにスポットをあててみましょう!

スポンサードリンク

 

インフルエンザが移る期間を教えて!

自分の身近にいる人がインフルエンザにかかってしまったら、まず移らないか心配になりますよね。
インフルエンザの感染力は、すごくてすぐに移ってしまうことで知られています。
このインフルエンザが移る期間ってどのくらいなんでしょうか?

インフルエンザは、ウィルスによる感染です。
感染してから症状が現れるまでの期間は、いわゆる潜伏期間と言いますが、感染して症状が現れるまでは、平均して2日前後で、場合によっては1週間ほど潜伏します。
ウイルスが体内に入ると、気道や肺に付着し、20分ほどで細胞内に到達します。
ウイルスは、早いスピードで増え続け、8時間後には100個、16時間後には1万個、24時間後にはなんと!100万個にまで増えます!
体内にウィルスが潜伏していて、症状に出ていない潜伏期間であっても、人に感染します。潜伏期間中、自覚症状がほとんどないので、インフルエンザに感染していると気づく人はいません。
ですので、インフルエンザにかかった家族や知人に感染する1週間前に接触していたら、自分も移っている可能性があるということです。

 

ウイルスの増殖の速さ、潜伏期間にも人に感染することから、インフルエンザが流行してしまう原因になっています。

では、どのくらいの感染力があるのでしょうか?
潜伏期間に、人にも移るとはいえ、潜伏期間中の感染力は、それほど強くはありません。
インフルエンザの発症1日前から発症後1週間ほどがもっとも、人に移るといわれていて、発症3日目が感染力のピークとなっています。
ですので、インフルエンザに感染した人が症状が出始めたら、もっとも感染しやすいので、看病する人や周囲の人も、マスクやうがい、手洗い、ドアノブの消毒など様々な対策が必要です。

 

インフルエンザを人に移さない方法教えてください。

次にインフルエンザをなるべく移さない方法についてお話います。
インフルエンザの感染経路は、二通りあります。
1つは、感染者のくしゃみや咳でウィルスの中の唾液や鼻水が飛び散り、それによって移る飛沫感染によるものです。
もう1つは、感染者が、ドアノブ、スイッチ、便座などの共有部分を触り、それを他の人が触ると、手にウイルスが付着し、その手で自分の鼻や口などに触れて体内にウイルスが入りインフルエンザに感染する接触感染によるものです。

ですので、移さない方法としては、以下のことがあげられますね。

インフルエンザにかかった人が移さない方法

1、 できる限り早く病院を受診し、個室で自宅療養します。
インフルエンザとわかり、早めに薬を服用すれば症状が重症化することを防げ、そのぶん感染拡大を防げます。
先ほども言いましたが、インフルエンザは、非常に感染力が強いので、かかったら自宅の1つの部屋で療養しましょう。
少し気の毒なのですが、療養中に家族に移す可能性があるので、なるべく1つの部屋で療養します。

2、 洗面やトイレで使うタオルは、共用しないようにする
インフルエンザの人のタオルは、別にして、洗濯もわけてします。

3、 トイレのドアノブやスイッチなど、接触した部分は、消毒する
インフルエンザの人がトイレや洗面へ行き、接触した部分は、ウィルスがついている可能性があるので、アルコールなどで消毒をしましょう。

4、 看病する人は、マスクを着用して、決まった人1人が看病にあたり、患者もマスクを着用する
看病に当たる人は、1人と決め、常にマスクを着用して看病しましょう。
当然、インフルエンザの人がトイレや洗面に行く時もマスクを着用してもらいます。

5、 インフルエンザの人がいる部屋はこまめに換気する
インフルエンザの人が療養している部屋は、ウィルスが充満するので、寒い時期でも1時間に3回くらいは換気を心がけましょう。

6、 温度、湿度に注意する
インフルエンザウイルスは、湿度の低い乾燥した環境で活発になります。湿度を50~60%程度に保つようにすれば、ウイルスは約3%の生存率しかありませんので濡れタオルや加湿器などを利用しましょう。

7、 フタ付きのゴミ箱を使用する
鼻をかんだティッシュを捨てるゴミ箱は、できればフタ付きのものを使用しましょう。さらに使用したティッシュはビニール袋などで密封しておけば、リスク下げれます。
看護をする人は、ティッシュに触れた後は、必ず石けんでよく手を洗いましょう。

8、 発症後、1週間は人ごみへいかない
インフルエンザは、症状が治まっても1週間は、ウィルスの排出が続きます。ですので、症状がおさまっても、1週間は人ごみなどへ行くことを自粛しましょう。
出かける場合は、必ずマスクをしましょう。

スポンサードリンク

インフルエンザにかからない方法は?

1、 うがい、手洗いをしっかりする
これは、風邪の予防にもなるので、冬場は基本中の基本と言ってもいいでしょう。

2、 マスクをする
飛沫感染によるインフルエンザウィルスを体内に侵入させないようにする手段として有効です。

3、 室内の湿度、温度に気をつける
のどが乾燥すると、ウイルスを排除するはたらきが弱まってしまうので、部屋の湿度は、50~60%位に保ちます。
乾燥した寒い環境だとインフルエンザのウィルス菌は活発になりますから、室温は22度くらいにしましょう。

4、 十分な睡眠と栄養をとる
睡眠不足、栄養不足は、体の免疫力を下げます。しっかりと疲れを取ってウィルスに打ち勝つ体作りをしましょう。

5、 寒くなりだしたらワクチンを接種する
ワクチンを摂取すれば、流行型とワクチン型が一致すれば80%有効です。ワクチンを接種することで、周囲のインフルエンザが移るのを防ぐことができる可能性があります。

このように、インフルエンザにかかった人、かかっていない人の注意する点はいくつかあります。
是非参考にしてみて下さいね。

インフルエンザを子供に移さない方法は?

最後にインフルエンザを子供に移さない方法をお教えします。

先ほどの2章でお話したことと重なりますが、子供に移さないようにするには、どうしたらいいのでしょうか。

1、 マスクをさせる
可能なら、子供にもマスクをさせましょう。
最近は、子供用のかわいらしい使い捨てマスクや、マスクの内側にぶどうやソーダの香りのジェルをいれる、ぬれマスクもあるので、上手に利用しましょう。
マスクをしていれば、口や鼻をむやみに触ることも防げますね☆

ぬれマスク

 

2、 うがい手洗いをしっかりさせる
うがい、手洗いを習慣化し楽しくできるように、親と一緒にしましょう。
特にこの時期は寒いので、手を洗うのに冷たい水は、子供は嫌がりますからぬるめのお湯を出しながら除菌できるハンドソープでしっかりと手洗いします。

小さいお子さんには、手洗いうがいの動画を見せて、親と一緒にすれば、正しく楽しくうがい手洗いをできますよ♪

てあらい・うがい できるかな 動画

 

3、 栄養、睡眠をしっかりとらせる
子供は、おやつを食べたら夕食が食べれなくなったり偏食したりしがちです。
おやつも栄養のあるおやつを手作りしたり、食事も楽しく栄養が十分にとれるように工夫して免疫力をつけ、丈夫な体を作りましょう。
睡眠も、大人が早寝早起きをすることでリズムを作ってあげましょう。

4、 インフルエンザにかかった人は子供との接触を避ける
寂しいですが、インフルエンザの発症中は、子供との接触を控えましょう。当然、寝室も別にします。
お母さんがインフルエンザになり、子供が小さい場合などは、実家に預けるとかお父さんがメインで育児をするなどの方法をとります。

5、 こまめに部屋の換気をする
子供の過ごしている部屋は、特にこまめな換気をして、ウィルスを外へ出します。

6、 部屋の湿度、温度に注意する
先ほども書きましたが、ウィルスが活発化しない湿度50~60%と温度22度前後の部屋作りを目指しましょう。
ぬれたバスタオル1枚を部屋に干しても、湿度が上がり乾燥が防げますよ☆

子供は、未熟なので自分で自分の体を守ることができません。
大人が注意して環境を整えてあげたり、うがい手洗いの習慣をつけさせたりすることが大切ですね♪

 

インフルエンザ対策のまとめ

寒くなると、インフルエンザの言葉がニュースでちらほらと聞かれ始めます。
大流行する前に、上記のことを気をつけていれば、少しは移したり移されたりするのが緩和されるのではないでしょうか?
皆さんも是非インフルエンザ対策をしてくださいね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑