広島ドリミネーションの開催期間を!感想と泊るホテルは?

公開日: 

広島ドリミネーション

毎年ゴージャスになる広島ドリミネーション!平和大通りの両サイドに幻想的な世界が広がるんですって☆
広島では有名なイルミネーションみたいですよ。
今回は、広島ドリミネーションに注目してみたいと思います。

スポンサードリンク

 

広島ドリミネーションの時間と開催期間を!

皆さん!広島ドリミネーションの情報が開示されましたよ!

開催期間 平成27年11月17日(火)~平成28年1月3日(日)(48日間)

点灯時間 17時30分~22時30分 なんですって。
けっこう遅い時間まで点灯してるから、夜ごはんを食べてゆっくり会場へ繰り出せますよね。

広島ドリミネーション公式HP に詳しい情報がのってますよ。

ちなみに、平成27年で被ばく70周年ということもあり、よりいっそうの、広島の平和への願いを込めてイルミネーションが点灯されるそうですよ。
テーマが「優しい光」「希望の光」「未来への光」となっていて、深い意味のあるイルミネーションは、美しい光とともに、私達へ平和の大切さを教えてくれているようですね。

 

去年の様子はこちら

どうですか?動画を見てるだけで、行きたくなっちゃうでしょ?

 

広島ドリミネーションの感想は?素敵ですか?

ぶっちゃけ、広島ドリミネーションの感想ってどうなの?って方へ、実際に行った方の感想をお教えしちゃいます。

・鮮やかなイルミネーションは、幻想的で、きらきらと色とりどりで見ごたえ十分です。

・工夫を凝らしたイルミネーションを見るのが毎年楽しみなんですよ。みんなで写真をとるのも恒例行事です♪

・人気スポットだけに人も多いけど、それでも見にいきたいイルミネーションです。

・広島の冬の風物詩ともいえます。わざわざ泊りがけで行っても、価値があるくらい綺麗!

・エリアごとにテーマがあるっていうのも、意味があって面白いですよ!

・ドリミネーションって「ドリーム」と「イルミネーション」をくっつけた言葉みたいだけど、名前の通り夢のような光の世界でした♪また見に行きたいな。

 

・まるでおとぎの国見たい☆子供も大喜びしてました!

・11月の平日は、会社帰りの人くらいで、ゆっくり見れましたよ。なんだか貸切みたいで、よかったです。

・デートでも家族で行っても女子会で行っても楽しめちゃいます。とにかく豪華で綺麗!

・あまり期待せずにふらっと友達と言ったんだけど、すごく豪華で、見所満載!是非行くべき。

などなど、とても素敵だという声ばかりですね♪

是非今年は、広島まで足をのばして、イルミネーションを見にいってみませんか?

スポンサードリンク

 

広島ドリミネーションのホテルを紹介してください。

遠方から広島ドリミネーションを見に来る方ってホテルに宿泊しなきゃいけないと思うんだけど、せっかくなんで、ホテルからもイルミネーションが見えるおススメのホテルをご紹介しますね!

オリエンタルホテル広島:ホテルの目の前でイルミネーションが見れますよ。駅からちょっと離れてるけど、平和公園や繁華街に行くには便利。スタイリッシュで綺麗なホテルです。
アメニティもこだわりがあり、いい感じですよ。

 

ANAクラウンプラザホテル広島:ホテルから南方向にイルミネーションが見えます。部屋によって見えないので、宿泊の時に確認したほうがいいかも☆
観光するには、便利な立地条件ですよ♪
接客が素晴らしいです。料理もおいしくて、部屋も清潔感あふれる満足できるホテルですよ。

 

ドーミーイン広島:こちらも、イルミネーションが北、西、東側に見えます。予約の時に、イルミネーションが見える部屋でとお願いして下さいね。
チェーン店ながら、大浴場があり、コスパの良いホテルです。

 

三井ガーデンホテル広島:イルミネーション会場の中心地点にそびえたつ、高層ホテル。大通り側の部屋だと、イルミネーションが見れますよ。
最上階25階のレストランは、瀬戸内海の島々や、広島の市内を眼下に、広島のおいしいものをいただけちゃいます。
リーズナブルだけど高級感もありますよ。

イルミネーション会場の周辺には、たくさんの宿泊施設があるんで、予算や好みのホテルを探してみてくださいね☆

 

まとめ

きらきらと色とりどりに輝く、広島ドリミネーション。平和の願いも込められた夢のような世界は、見る人を感動させますね。
時間のある方は、是非広島ドリミネーションに足をのばしてみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑