インフルエンザの解熱後 登校は?感染力は?咳が出てるけれど。

公開日: 

インフルエンザ解熱後

めっきり秋めいてきた今日この頃。朝晩は、寒いくらいですね。
気温が下がってくると、流行り始めるのがインフルエンザです。
ここでは、インフルエンザの知識についてお教えしましょう。

スポンサードリンク

 

インフルエンザの解熱後 登校は何日してから?

お子さんがいるお母さんにとって、インフルエンザがはやる季節は、過敏になっちゃいますよね。

子供がインフルエンザにかかったら、解熱後いつから登校していいのかしら?なんて疑問もわいてきます。

学校保健安全法第19条によると

出席停止の期間の基準は、

「病状により学校医等において感染のおそれがないと認めるまで」
「インフルエンザは、発症した後5日を経過し、かつ解熱した後2日(幼児にあっては、3日)を経過するまで」と定められてるんですって。

そもそもそんな基準があるんですね。筆者は、知らなかったです!!

ですので、この2つの基準を基本に考えて、クリアしてるかどうか、あとはかかりつけのお医者さんが、学校へ行ってもいいよと行って下さったら晴れて登校!だと思って下さいね。

この、登校の基準をしっかりと守られていないと、学校で大流行しちゃって学級閉鎖になったりするかもしれません。
親御さんがしっかり知識を持って、対応することがとても大切ですよね!

さらに、最近では共働きのご家庭も増えて、お子さんがインフルエンザになってしまったら、本当に困ってしまいます。
インフルエンザを流行させないためにも、登校できる基準があるということを、覚えておいて下さいね

 

インフルエンザの解熱後の感染力はまだ強い?

次に気になる、解熱後の感染力って気になりますよね。
家族なんて、同じ家で生活しているだけに、いつまで子供との接触を制限したらいいの?なんて思っちゃいます。

特に子供の場合、まだまだ感染力が強いウィルスが体内にいるにもかかわらず熱が下がることもあります。
なので、熱が下がったからといって安心はできないんです。

感染力が強い間は、体内にウィルスがたくさんいる状態。ウィルスが体外に排出されるとともに、感染力も弱まるってわけです。

先ほど1章でお話しした基準は、「発症した後5日を経過し」というのが追加され、2012年に改正されたそうなんですね。
なぜなら熱が下がったからと登校した生徒が、実はウィルスが体内にまだいる状態で、他の生徒に移し大流行してしまうという事例が相次いだからなんですって。

臨床研究では、インフルエンザ発症後5日間を経過したら、ウイルスの排出量はある程度収まるとの報告があることから、基準に追加されたんですね。

スポンサードリンク

なので、解熱しても感染力が強い場合もあるので、もうひとつポイントとして、発症してから5日経過しているというのも目安に考えて下さいね。
さらに、人間の体なので、当然個人差があります。もしかしたら、ご自分のお子さんは、ウィルスが排出されるのにもう少し時間がかかるかもしれません。
そんな場合も考えて、お子さんの様子をよく観察して対応してあげて下さいね。

 

インフルエンザの解熱後 咳が出てても大丈夫?

インフルエンザって発症した時は、高熱や全身の関節痛、頭痛などの苦しい症状なんだけど、少し落ち着いてくると、遅れて咳や鼻水の症状が出ることがあるんですね。

基本的に、先ほどからお話している、

「発症した後5日を経過し、かつ解熱した後2日(幼児にあっては、3日)を経過するまで」をクリアしていれば、咳が出ていても感染力は、低いと考えれます。

ただし!インフルエンザにかかったので、やはりマスクをするのはエチケットです。
子供さんがインフルエンザにかかった後で、咳が出ていたら、マスクをしてあげましょう。
周囲の子供さんも咳が出ていたら、敬遠しそうですしね。
最近では、子供さんがマスクを苦痛に感じないように、ソーダの香りの濡れマスク等もあります。
参考までにご紹介しますね。

子供さんが咳をしている時は、このような商品を上手に利用してはいかがでしょうか?

そして、インフルエンザの症状が落ち着いてから、咳が出ていたら、かかりつけのお医者さんに相談して、緩和する薬を処方してもらい、消耗した体力をさらに消耗させないようにしてあげて下さいね。

まとめ

子供がインフルエンザになると、そこからお父さん、お母さんがうつったという話・・・よく耳にします。
インフルエンザになった子供も、しんどいですが看病する親もかなり大変・・・。
また症状が回復してきた子供を、感染力が弱まるまで隔離しておくのは、子供もかわいそうです。
そのためにも、予防注射や、うがい手洗いをしっかりしてインフルエンザにかからないように気をつけたいものですね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑