お歳暮にハムはなぜ?保存方法とおいしい食べ方を教えて!

公開日: 

お歳暮

お歳暮のシーズンになってきました。いろいろな商品がある中でお歳暮によく贈ったり、もらったりする品物のひとつにハムがあります。

普段はあまり注目されないハムですが、どうしてお歳暮の季節になると贈答品として重宝されるのはなぜなのか、何か理由があるのでしょうか?

スポンサードリンク

お歳暮にハムが選ばれるのはなぜ?

お歳暮の人気商品のひとつのハムですが、なぜハムが選ばれるのでしょうか?

選ばれる理由を考えてみると、そこには季節的なものが大いに関係しているようですよ。

お歳暮にハムが選ばれる理由とは?

お歳暮を贈る季節は12月半ばくらいですが、年末年始にかけてはクリスマスやお正月といった行事があります。
そんなときに気軽に使える食材のひとつとしてハムが好まれている理由のようです。
そのほかにも選ばれる理由をいくつか紹介していきたいと思います。

賞味期限が長い

お歳暮用として贈られることが多いハムはブロックタイプのものが多く、このタイプのハムの賞味期限は、商品によって異なりますが未開封の状態ならおよそ15日~30日くらいです。
お歳暮にお肉を贈りたいけれど、賞味期限が気になるという場合や年末年始には帰省するので留守になるなどの場合にも日持ちするハムなら送りやすいし、もらったほうも負担にならなくてすみますね。

使いやすくて便利

ハムは、スライスするだけで気軽に食べられるので調理をしなくてすみます。
このような理由から年末年始の料理にもすぐに使える食材として選ばれています。
クリスマスのオードブルの一品にしたり、おせち料理のひとつとして加えたりと、何かにつけて出番が多いのがハムです。
また、急な来客があった場合や、お酒のおつまみとしても使えるのでハムは優れものですね。

嫌いな人が少ない

ハムは子供から大人までと幅広く人気があり、好き嫌いが少ない万人受けをする食材のひとつです。
肉は嫌いでもハムなら大丈夫という人も少なくないので、贈答品として重宝がられる理由のひとつになっています。

調理方法がいろいろある

ハムはそのまま切って食べても十分おいしいのですが、焼いてもよいし、煮込んでも出汁が出ておいしくいただけます。
スープやサラダに入れたり、お肉の代わりとしても応用が効くのでお弁当の材料など、いろいろなシチュエーションに使えるので便利です。

高級感がある

ハムのセットは高級感があり贅沢品のイメージがあるので、贈答品として最適であると考えられています。
また、ハムにはボンレスやショルダーなどの種類が豊富なので、たくさんもらっても同じ商品が重なることが少ない点も人気の一つです。

このように選ばれる理由はたくさんあるハムですが、ハムに使われている添加物などを気にする人も中にはいるので、贈る場合は事前に確認したほうが良い場合もありそうですね。

お歳暮にハムが 保存方法や賞味期間を教えてください!

お歳暮にハムをもらったけれど賞味期限内に食べ切れそうにないという思いをした人も多いのではありませんか?
以外にもハムは冷凍保存ができる食材なんですよ。

ハムのおいしい保存方法は?

スポンサードリンク

ハムの賞味期限は「未開封」の状態であれば(真空パックの状態)15日~30日くらいです。

ハムは開封して一度空気に触れてしまうと、一気に保存期間は短くなります。
開封したらなるべく早く食べきったほうが良いでしょう。
冷蔵庫で保存する場合は、ハムの切り口に雑菌が繁殖しやすくなるので、切り口をラップでしっかりと覆うようにしてタッパなどに入れて密閉して保存したほうが風味が失われなくてすみます。

それでも食べきれない場合は冷凍保存をおすすめします。
ハムを冷凍保存した場合の賞味期限は3ヶ月~6ヶ月くらいです。

ハムの冷凍保存のやりかたは?

ハムは解凍後に使いやすいように、あらかじめ切っておきます。
切ったハムを一枚ずつラップで包みます。
(このとき中の空気を抜いて密封するように包むのがポイントです。空気に触れると酸化がすすむため)
包み終わったらタッパや冷凍保存袋(ジプロックなど)に入れて冷凍庫に保存します
使用時は自然解凍します。

このようにハムは冷凍すれば長期保存が可能になりますが、ハムを冷凍するとハムに含まれている水分も同時に凍ります。
それを解凍すると水分が分離してしまうので、どうしてもハム本来のおいしさは失われてしまいます。

できればいろいろな料理に使って期限内に食べきることが理想ですね。

お歳暮にハムをいただいたので美味しい食べ方を教えて!

ハムは切るだけでそのまま食べられる点が嬉しいのですが、それだけでなくもっと、おいしい食べ方がありますよ。

ハムをおいしく食べる方法は?

ハムステーキ 厚めにスライスしてステーキ風にして焼きます。
弱火でじっくりと焼くことでハムの旨みが出てきます。
(夕食のメインディッシュとしても十分ボリュームがあります)

サラダ    そのまま切って野菜と一緒にサラダに。お好みのドレッシングをかけてシンプルに(朝食にぴったりです)

炒め物    野菜と一緒にいためて中華風にしたり、チャーハンの焼き豚の代わりに入れてもダシが出るのでおいしいです。
パスタの具として入れても(おすすめはナポリタンです)

スープ    野菜などと一緒に煮込むとハムの旨みがスープのエキスになっておいしいですよ。(ポトフ風にするのがおすすめです)

サンドウィッチ スライスしたハムを他の具と一緒にパンにはさむだけなのでとっても簡単です。

ピザ     パンの上に他の具と一緒にのせてとろけるチーズをかけてオーブントースターで焼くだけでおいしいピザトーストになります。

洋風おでん  ウィンナーの代わりに入れるとダシが出ておいしい洋風おでんになります。
(ちょっと変わった料理と思われるかもしれませんが、これが以外においしいんです)

そのほかにもいろいろな調理方法があるので、ハムを使った料理はアイディア次第といったところでしょうか?

まとめ

お歳暮にハムを送る理由はこんなにたくさんあったのですね!
今までは理由も考えずに食べていたのでびっくりです。

いろいろな料理に気軽に使えるハムなので、これからもバリエーション豊富においしく使っていきたいと思います。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑