七草粥は美容に良い?カロリーや栄養素も教えてください。

公開日: 

七草粥 美容

お正月明けに、皆さんは七草粥を召し上がりますか?
筆者の家では、毎年1月7日の朝は、七草粥をいただいているのですが、子供と、「七草言える?」「ごぎょう、はこべら、なずな・・・・」と七つ言うのが恒例行事です。
今回は、この七草粥に迫ってみたいと思います。

スポンサードリンク

 

七草粥は美容に良いのでしょうか?

そもそも、七草粥って、七つの草をお米とともに煮て、おかゆにしたものが一般的です。

1、ごぎょう
2、はこべら
3、すずな
4、すずしろ
5、せり
6、なずな
7、ほとけのざ

の、七種類の春の七草を入れるのですが、スーパーへ行くと、七草粥セットの名前で、この七草がパックになってお正月明けに販売されてますね。
フリーズドライのものも販売されています。

「ほとけのざ」や、「なずな」なんて、筆者が犬の散歩へ行く時に、道端にごろごろ生えてるので、これは七草粥の草だなあ・・・といつも思います。
「なずな」は、ペンペン草とも言いますよね。

この七草粥、美容的には、どんな効果があると思いますか?
よく言われているのは、おせち料理で疲れた胃を休ませる意味がありますね。
いわゆる、日本のハーブと言った感じでしょうか?
とはいえ、七草粥を作った方ならお分かりと思いますが、「すずな」は、カブで、「すずしろ」は小さいダイコンの形をしていますよね。
七草と言われていますが、れっきとした野菜に分類されているものも含まれています。

美容面から言うと、「せり」「なずな」「はこべら」には、お腹の調子を整えたり、利尿作用があんで、女性の天敵、むくみ防止に一役買ってくれそうです。
さらに、「せり」は、高血圧、糖尿病など生活習慣病に効果があるんですって。

「すずな」「せり」「すずしろ」には、ビタミンCが含まれてるので、シミ対策に期待できますね。

「すずな」には、リラックス効果があるとされているので、心と体が安らぎますね。

このように、七草粥には、美容面でとってもいい効果を発揮してくれるとされる、すぐれものなんですよ。

 

七草粥のカロリーは?

次に七草粥のカロリーについてお話しましょう。

お粥は、そもそも低カロリーなんで、それに草の入った七草粥は、低カロリーなのは、間違いなさそうですね。
だいたい、お茶碗1杯分の七草粥は、153kcalくらいです。
これを、白米でいただくと、235kcalくらいなんで、カロリーがぐんと抑えられていますね。
お粥にすることで、米に水分を含んで膨張するので、少しでたくさんあるように感じますし、食べても満足できるんですよ。
まさに、ダイエットするには、もってこいの七草粥ですよね。

スポンサードリンク

低カロリーであり、1章でも説明した、美容にもいいとなれば、女性にはうれしいダイエット食品になりそうですね。
お正月って、ついつい食べては、ゴロゴロしがちなので、お正月太り撃退にもよさそうです。

 

七草粥の栄養は?

最後に、七草粥の栄養について、お話しましょう。

昔は、冬場に野菜が不足しがちだったので、七草粥をいただくことで、ビタミンやミネラルを摂取していたようです。
昔の方の知恵は、すごいもので、七草には、驚くべき栄養効果が期待できるんですよ。

1、ごぎょう:栄養面は、あまりないのですが、鎮咳作用があるとされているので、風邪や気管支炎にいいです。

2、はこべら:昔の人は、炒って歯磨きにしてたそうです。利尿効果、止血作用があります。栄養は、あまりありません。アクがないです。

3、すずな:かぶのことです。ビタミンCやカルシウム、カロチンや食物繊維がたくさん含まれています。根の部分には、でんぷん消化酵素のジアスターゼを含んでいるので胃に優しそうです。

4、すずしろ:ミニ大根のことです。なずなと同じく、ビタミンCや、カロチンが豊富です。
根の部分に、すずなと同じくジアスターゼを含有していて、さらに解毒作用のあるとされるグルコシダーゼやオキシダーゼなども含みます。

5、せり:鉄分をはじめ、ビタミンA、ビタミンC、葉酸、カルシウム、カリウム、リンなどのミネラルがたっぷりです。

6、なずな:野菜に分類されています。ビタミン類が豊富でA、B1、B2、Cが含まれています。ビタミンCの含有量は、なんとレモンくらいあるそうですよ。
他には、カルシウム、リン、カリウム、鉄などのミネラルも豊富です。

7、ほとけのざ:山菜の風味であまりおいしいとはいえません。栄養面は、あまりないのですが、解熱、鎮痛作用があるとされています。

一つ一つをみると、栄養価の高いものや、栄養価はそれほどでもないけど、漢方的な効能が期待できるものがありましたね。
昔の方は、このような七草を利用して、健康を保っていたのですね・・・。すごいです。

 

まとめ

筆者も毎年いただく七草粥ですが、こんなにも美容効果が期待できる栄養があるとは、驚きでした。
あと、七草粥には、無病息災を願う意味もあるようです。
来年の1月7日には、是非七草粥をいただいて、お正月に疲れた胃を休ませ、1年の無事を願ってはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑