防災グッズの必要最低限のもの!あってよかったものいらないもの

公開日: 

防災グッズ

いざという時のために家族を危険から守る防災グッズ。

使うことは一生に一度あるかないかという確率のようですが、近年震災や津波、そして土砂災害など各地でさまざまな災害は発生しています。

まるで他人事ではない災害ということで、これまで以上に防災グッズについてはしっかり選んでおかないといけません。

スポンサードリンク

 

しかし、防災グッズといえども状況に応じて必要であったり必要でなかったりと必需品になるか邪魔になるかわからないものですね。

基本的に防災グッズを必要とする時は、大まかにわけて2パターンあり、一つは災害により、家の中や部屋の中へ閉じ込められてしまった場合です。

身動きがとれず助けを待っているしかできない状況で、救助が来るまで何とか生き延びなければならないという場面で防災グッズは命綱になります。

そしてもう一つは、避難勧告が出た際に急いで避難所へ向かわなければならなくなった時です。

救助待ちの状況や避難生活の中で、いかに役立つグッズを揃えておけるかが、命に関わるほどの大きなカギになるのです。

そこで、どちらの状況にも適している必要最低限のグッズやあってよかったものやいらないものについてご紹介していきたいと思います。

 

 

防災グッズの必要最低限のものを教えてください。

普段から必ずこれだけはしっかり準備しておくべき防災グッズをいくつかピックアップしました。

飲料水

災害時に一番必要とされるのが飲料水です。大量に準備するとなるとかなりの荷物になってしまうので、必要最低限のお水を確保しておくことが重要です。

食糧(缶詰や乾物などの長持ちするもの)

賞味期限が迫っていないもので、缶切りなしで開けることができる缶詰などが役に立ちます。

ラジオ

災害の状況などをチェックするために必要になります。

ライター

いざという時に火は必要になるものです。水害の際マッチなどは使い物にならなくなるので乾いたら使えるライターがおすすめです。

懐中電灯

災害時は電気が使えないのは当たり前のつもりで、辺りを照らせるものを一つは確保しておくことが大事です。

ティッシュ

ティッシュやトイレットペーパーはトイレやさまざまな用途で必要なので欠かせないアイテムです。

タオル

色々な場面で役に立つのがタオルです。水を拭きとるだけでなく体の一部を保護したりと使う場面はたくさんあります。

スポンサードリンク

これらが必要最低限揃えておきたいグッズです。

その他には携帯と財布などがありますが、これらは防災グッズではないのであえてリストの中には入れませんでした。

防災グッズは定期的に食料や水などの賞味期限をチェックしておかなければ、いざという時に役に立たないので、半年に一度は必ず確認することをおすすめします。

 

防災グッズであってよかったものはなんですか?

では次に実際に災害時あってよかったと思えた防災グッズについてご紹介します。

医療道具

震災や火災などには怪我をする場面があったり、避難所で体調を崩してしまったりすることもあります。

そんな時に役立つのが医療道具です。

特に止血するための道具はとても貴重で、いざという時にあって良かったと思える代表的な防災グッズです。

サランラップ

サランラップの用途は多岐に渡り、貴重な水を無駄に使うことなく食器の使い回しができたり、怪我を負った時の止血やばい菌が入らないための保護にも使えます。

軍手

作業を必要とする場面にはもちろん役立ちますが、その他にも防寒対策にも使えるのでとても助かるアイテムです。

電池

懐中電灯とラジオの電池を同一のものに揃えておくことができれば、どちらかが電池切れを起こしてもすぐに交換することができます。

光やからの情報は災害時には生命線になるので、切れてしまった時にかなり役立ちます。

 

防災グッズでこれはいらないというもの有りますか?

災害時には物が無くて困ることの方が多いので、不必要なものというのはあまりありません。

しかし、いざ逃げ出した先で大荷物になって後悔するものといえば、紙コップや紙皿です。

紙は使い捨てなので、無駄にスペースを取り他のものが持ち出せなかったという後悔をすることもあります。

持ち出せる荷物のスペースを空けるためにも紙コップや紙皿ではなく、プラスチックのお皿やコップなどを最低数持ち出し、サランラップをかぶせて使用することで紙コップなどよりは数も必要なく長く使えます。

その他には、海外製の食品や開かない缶詰などの食べられないものを持ち出し後悔するケースや賞味期限が切れている食品などもあります。

 

まとめ

必要な防災グッズは必ず揃えてバッグの中にしまってすぐに持ち出せる状態にしておくことが大切です。

しかし、普段使うことがないからといって、押し入れの奥や棚の奥にしまっている人も少なくはありません。

実際に避難する時は一分一秒を争っている状態なので、押し入れの中を探している暇はありません。

揃えた防災グッズは、玄関などのすぐに取り出せるところに置いておくことが一番重要です。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑