東京ドイツ村のイルミネーションの感想を!デートしたいので所要時間を!

公開日: 

東京ドイツ村 イルミネーション

栃木県足利市の「足利フラワーパーク」、神奈川県藤沢市の「湘南の宝石」とならんで
関東三大イルミネーションに認定されている「東京ドイツ村」のイルミネーション。
毎年違ったテーマで楽しませてくれるサービス精神いっぱいの東京ドイツ村。

スポンサードリンク

 

3Dイルミネーション、ARイルミネーションを使って毎年進化を遂げています。
今日はその「東京ドイツ村」のイルミネーションについてお話ししたいと思います。

東京ドイツ村のイルミネーションの感想を聞かせてください。

東京ドイツ村は千葉県袖ケ浦市にあります。
東京ドイツ村ですが、東京都にはありません。

「東京ドイツ村」入場料は大人1,200円、中・高生は800円、小学生から4歳までは600円、
3歳以下は無料となっています。

開園時間は9:30~20:00(最終入園は19:30まで)
イルミネーションは16:00に点灯し、20:00に終了します。

料金は車(乗用車1台)につき2,000円。

電車・バスなどの公共交通機関をご利用の場合(徒歩)1人500円です。

駐車スペースは3000台。どこに駐車したかきちんと覚えておかないと、帰る時に大変な思いをしそうですね。

 

園内は芝生広場を中心にぐるりとまわる回遊式になっています。

車を降りずに入園でき、村のいろんなところに駐車できるんですよ。

家族で、グループで、恋人同士で車からイルミネーションを眺められるなんて素敵です!

今シーズンのイルミネーションは平成27年11月7日から平成28年3月31日までの開催です。

東京ドーム27個分の芝生広場を使ってのイルミネーションは本当にスケール感いっぱいです。
電球数も年々増えて今年はなんと250万個!

 

今年のテーマは『おもちゃ箱』。

今シーズンはどんなイルミネーションが待っているのでしょうか。

なんといっても素敵だったのは、マルクトプラッツの光景です。
ほんとうに光の景色というのがぴったりです!

白。赤。青。黄色。緑……。まばゆいばかりの光です。
光をパッチワークしたような畑が広がります。

イルミネーションといえば
なんとなくおしゃれな感じがするのですが、東京ドイツ村は素朴な感じにあふれています。
頑強なドイツ民家のようなレストラン。

屋根の上には音楽隊なのでしょうか?楽器を持った人たちがいます。

窓がピカピカ光ったり、壁にねこちゃんの顔が現れたり、子どもも大喜びまちがいなし。

光の街道を歩けば、緑の草原の中に小さな小屋がかわいらしく輝いています。
その横にはキノコがキラキラと。毒キノコなのかもしれません。

光るガチョウ(?)が生むのは金の卵でしょうか。ペンギンがいるのは謎ですが、グリム童話の世界にいるようです。この道がメルヘン街道に思えてきます。

 

それと、夢心地にさせてくれるのが光のトンネル。色とりどりの光のチューブに包まれて歩く道。
白い小さな光が雪のようにトンネルの外に降っています。
トンネルの向こうに幸せが待っているような、そんな気持ちにさせてくれますよ。

 

東京ドイツ村のイルミネーションでデートは良いですか?

もちろん、おすすめです!!

夜のイルミネーションだけではなく、昼も楽しめます。
開園と同時に入園していれば、20時の点灯終了まで過ごし放題!

広い園内は10を超えるアトラクションのほか、ミカン狩り、しいたけ収穫などもできます。

パンづくりにキャンドルづくり、クラフト工房で思い出の品づくり。

こういうのって、話も弾むし、お互いの意外な才能(?)に気がつくかもしれませんね。

日中アクティブに過ごして、夜イルミネーションを眺める。

スポンサードリンク

その日一日を共有したって感じがして、お互いの距離が縮まるかもしれません。

イルミネーションといえば、暗くなってからが見ごろと思われているかもしれませんが、夕方の空の色が変わるくらいから見るのもいいものです。

晴れた日の青空が、夕焼けに変わって、闇にイルミネーションが輝きだし……。
特に観覧車から眺めるのが最高です。

地上から離れて二人きりで眺めるイルミネーション、言葉はなくても思いは伝わるかも、です。

ここ東京ドイツ村は雨の日もイルミネーションがきれいなんですよ。

マルクトプラッツ前は木の床でできていて、雨が降ると水面のように光を反射するんですよ。

万華鏡のような世界。広がっていく光たち。ロマンチックですね。

雨天でもイルミネーション決行なので、雨男の彼氏さんも雨女の彼女さんも、安心してお越しくださいね。

※ お問い合わせは 東京ドイツ村 Tel 0438-60-5511まで。

 

東京ドイツ村のイルミネーションの所要時間は?

自動車で行く場合は主に次の方法があります。

【1】館山自動車道を使うと、
「姉崎袖ケ浦IC」から、県道24号線経由で鴨川方面へ右折し、
約3km 5分で着きます。

【2】東京湾アクアラインを使うと、
「川崎浮島JCT」から「木更津金田IC」を通って、
「姉崎袖ケ浦IC」という行き方(約33km)になります。

【3】圏央道を使うと、
「木更津金田IC」を通って、
「木更津JCT」を茂原方面へ行き、
「木更津東IC」から出口を左折して、
国道410号線・県道24号線を経由して、
姉ヶ崎方面へ約6km、10分で到着します。

【4】東関東自動車道を使うと、
「湾岸市川IC」から「姉崎袖ケ浦IC」という行き方になります。

【5】京葉道路はを『使うと、
「篠崎IC」から「姉崎袖ケ浦IC」という行き方になります。

公共交通機関を使って「東京ドイツ村」に行くには主に電車とバスの二つの方法があります。

 

電車の場合、JR「姉ヶ崎駅」または「袖ケ浦駅」下車で、タクシーで20分ほど。
料金は3,500円ほどです。

 

高速バスを利用する場合は『高速バスカピーナ号』がJR千葉駅から運行しています。
鴨川亀田病院行きに乗れば、運賃が大人930円。
39分ほどで「東京ドイツ村前バス停」で下車、徒歩0分でドイツ村につきます。

また「袖ケ浦バスターミナル」で下車してタクシーを利用する方法もあります。
「アクアライン高速バス」に乗車すると、
川崎駅、横浜駅、新宿駅からは
出発駅により異なりますが、所要時間は40分から1時間程度、料金は1,400円程度となっています。
タクシーで15分程度、、料金は3,500円程度でドイツ村に着きます。

 

タクシーについてのお問い合わせは、姉ヶ崎タクシー株式会社 TEL0120-612-130 まで。

 

路線バスの場合

姉ヶ崎駅・袖ケ浦駅・袖ケ浦バスターミナルからは路線バスを利用してくることもできます。

JR袖ヶ浦駅よりでていた無料送迎バスは本年度の運行は終了しています。
イルミネーション期間中は道路・駐車場とも混雑が予想されますので、
余裕をもってお出かけくださいね。

 

まとめ

園内にはわんちゃんランドがあって、わんちゃんを遊ばせることができるんですよ。
動物好きのカップルにはこちらもおすすめです。
大切な人と「来年もまた一緒に見たいね」と言わずにはいられない「東京ドイツ村」。
来年はどんなイルミネーションを見せてくれるのでしょう。楽しみですね!

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑