カニクリームコロッケの爆発しないコツ!手作りと冷凍の揚げ方!

公開日: 

カニクリームコロッケ 爆発

私が初めてカニクリームコロッケを食べたのは、おばあちゃんとでかけた洋食屋さんでした。

あまりにもおいしくて、子供心にすごく感動した覚えがあります。

そんなカニクリームコロッケ、家で上手に揚げられたら嬉しいですよね。

スポンサードリンク

 

カニクリームコロッケの爆発しないコツを教えて!

カニクリームコロッケを自分で揚げたことありますか?
私は何度も失敗しました・・・。

だって、爆発しちゃうんだもん・・・(涙)

それ以前に、たねがゆるゆるで、衣なんて付けられないじゃん!?!?ってこともありました。。。

では、どうすればカニクリームコロッケを爆発させずに上手に揚げることができるのでしょうか?

カニクリームコロッケが爆発しないようにするためには、コツがあるんです。

コツをおさえて、丁寧に作っていきましょう!

<カニクリームコロッケが爆発しないコツ>
コツ1 水分をしっかり飛ばすこと
コツ2 空気をしっかり抜くこと
コツ3 ころもを二重につけること

 

カニクリームコロッケ 手作りで爆発しないコツ!

では、爆発しないコツがわかったところで、カニクリームコロッケを手作りしてみましょうね。

<材料>
牛乳 2カップ
バター 40g
小麦粉 40g
かに(ボイルor缶詰) 150g
ローリエ 1枚
塩コショウ 少々
小麦粉 適量
溶き卵 1~2個分
パン粉 適量

<作り方>
1、 鍋にバターを入れて弱火でフツフツとなるまで溶かしてから、小麦粉を加え、よく混ぜ合わせる。

2、 人肌に温めた牛乳を、1に少しずつ何回かに分けて加えていく。1回牛乳を加えるたびになめらかになるように混ぜ、なめらかになってフツフツとしはじめたら次の牛乳を加え、同様の作業を繰り返す。

3、 かには、軟骨を取り除いて汁を絞ったら2に加え、火を強め、かにの水分を飛ばす。このときに、ローリエを加え塩こしょうしておく。

スポンサードリンク

☆☆コツ1: 水分をしっかり飛ばすこと☆☆
ここで、しっかり余分な水分を飛ばさないと、爆発の原因になるので、中火より少し強いくらいの火加減で丁寧に水分を飛ばしましょう。

4、 バターを塗っておいたバットに3を流し入れ、粗熱が取れたらラップをかけて冷蔵庫で約1時間半寝かせる。

5、 4を8等分し、1つ分を手に取ったら、ハンバーグのときよりはやさしく、両手でキャッチボールするように中の空気を抜いてから、俵型に成形していく。
※ローリエは取り除いてくださいね。

☆☆コツ2: 空気をしっかり抜くこと☆☆
ここで、しっかり空気を抜いてから成形しないと、爆発の原因になるので、成形する際にもしっかり押さえながら俵型を作りましょう。

6、 5に、小麦粉→溶き卵→パン粉の順に、ころもを付けたら、さらに溶き卵→パン粉と、二重にころもを付ける。

☆☆コツ3: ころもを二重につけること☆☆
このように、ころもを二重にすることで、揚げたときの爆発を防ぐ効果があります。

7、 170度の揚げ油に、網じゃくし等で6を1つずつそっと入れ、きつね色になるまで2~3分揚げたら出来上がり!

 

カニクリームコロッケ 冷凍の揚げ方は?

イチから手作りするよりも、ずっと手軽に楽しめるのが冷凍のカニクリームコロッケですね。

でも、冷凍だからって侮ることなかれ、、、こちらも上手に揚げないと爆発してしまいます。

手作りのときと違うのは、冷凍カニクリームコロッケと揚げ油との温度差が大きいという点にあります。
そのため、揚げ方にコツがいるというわけです。

<冷凍カニクリームコロッケの揚げ方のコツ>
1、手作りのときは、170度の油で2~3分揚げましたが、冷凍の場合は、まずは180度の油で2分揚げます(温度が下がらないよう、多めの油で)。

最初の1分は触らずに我慢!

2、1がきつね色になったら、油の温度を下げ、160度の油で中までじっくり揚げたら出来上がり!

中まで揚がると、油の中でフワッと軽くなり、揚げているときの音も小さく変化しますので、揚がっていることがわかりますよ。

 

まとめ

カニクリームコロッケ、こんなふうにコツがあったのですね。

これで、爆発の心配もなくなりました。

これらのコツをしっかりおさえ、自宅で楽しくカニクリームコロッケに挑戦してみましょう!

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑