小学生の友チョコを手作りで!大量生産で簡単方法とラッピング。

公開日: 

バレンタイン友チョコ 大量生産

またまた今年もバレンタインがやってきますね~。
いつの頃からか、「友チョコ」なるものが出現し、世の小学生女子のお母さんたちは頭を悩ませているのではないでしょうか。
だって、小学生が友チョコを手作りするとなると、やはりお母さんの手を借りずにはいられないですもんね・・・。

こうなったら、娘の友チョコ作りをいっしょに楽しんじゃいますか!?

スポンサードリンク

 

小学生の友チョコを手作りでしたい!

小学生の女の子同士で、友チョコを交換するというのが昨今のバレンタインの定番となっているようですが、これがまた、友チョコといえば手作りが当たり前となっているようです。

そんなわけで、小学生の娘たちは、どんな友チョコを手作りして、誰に渡そうかと、バレンタイン前になるとソワソワし始めます。

昔は好きな男の子に渡すためにソワソワしていましたが、今は友チョコの比重の方が高いみたいですよ。

小学生が友チョコを手作りするとなると、結局はお母さんの手を借りなければならないですよね。
子供が自力で手作りするというのはなかなか難しいですから。

そして、本命チョコとは違い、複数のお友達に渡す友チョコ。たくさん作らなければならないんですよね。

もうこうなったら、年に1度の娘とのお菓子作りの場と割り切って、お母さんもいっしょに楽しんでみてはいかがでしょうか?

意外と簡単で、楽しく大量に作れちゃうものもありますよ。

スポンサードリンク

友チョコを大量生産 簡単方法を教えてください!

では、具体的な友チョコ大量生産の方法を紹介していきますね。

なるべく簡単に、楽しく娘といっしょにお菓子作りを楽しもうと思っているお母さん。
こんな友チョコはいかがでしょう?

○アイスボックスチョコクッキー
■材料(100枚分)
<プレーン生地>
小麦粉 200g
バター  120g
砂糖   90g
卵    1個
バニラエッセンス 数滴

<ココア生地>
小麦粉 200g
バター  120g
砂糖   80g
卵    1個
ココア  大さじ1
バニラエッセンス 数滴

グラニュー糖
チョコペン

■作り方
1、プレーン生地のバターを室温に戻しておき、小麦粉はふるっておく。

2、ココア生地のバターも室温に戻しておき、小麦粉とココアをふるっておく。

3、プレーン生地のバターをボウルに入れしっかり混ぜ、砂糖を数回に分けて加え、しっかり混ぜる。

4、3がしっかり混ざったら、溶き卵も数回に分けて入れ、バニラエッセンスを加えてさらによく混ぜる。

5、1の小麦粉を少量ずつ加えて混ぜ、ひとまとめにしておく。

6、ココア生地のバターを別のボウルに入れしっかり混ぜ、砂糖を数回に分けて加え、しっかり混ぜる。

7、6がしっかり混ざったら、溶き卵も数回に分けて入れ、バニラエッセンスを加えてさらによく混ぜる。

8、2の小麦粉とココアを少量ずつ加えて混ぜ、ひとまとめにしておく。

9、ひとまとめにしたプレーン生地、ココア生地をそれぞれラップにくるんで冷凍庫で15分~30分程度寝かせる(成形しやすい硬さになるまで)。

10、それぞれの生地をざっくり1/2に分け、ラップを使って直径5cmくらいの棒状に成型する。
そうすると、プレーン×1本、ココア×1本ができる。

11、のこりのプレーンとココアの生地は、それぞれ厚さ3mm程度になるように伸ばし、長方形にカットする。プレーン生地はココア生地より上下1cmずつちいさく切り、ココア生地の上に重ね、渦巻状になるようにくるくると巻き、棒状にする。

12、棒状にした10,11の生地をさらに30分~1時間程度冷凍庫で冷やす(切りやすい硬さになるまで)

13、12の棒状にして冷やした生地の周りにグラニュー糖をまぶし、1cm程度の厚さに切ったら、180度に熱したオーブンで20分くらい焼いたら出来上がり!

14、プレーンクッキーはそのままでもいいですが、チョコペンを使って好きにデコレーションするのも楽しいですよ。

 

動画の方がわかりやすいかな?少々違いますが、見つけたのでこちらもどうぞ!

 

小学生の友チョコ ラッピングはどうする?

友チョコが出来上がったら、最後にラッピング!

小学生が自力でできる友チョコのラッピングをご紹介しますね。

大量の友チョコのラッピングなら、透明袋に入れてモールで留めるのが簡単でいいですよ。

モールは1色でもいいけれど、2色使いにするとかわいいですね。

透明袋には好きなシールを貼ってもいいですね。
柄付の透明袋も売ってます。

モールを使うところが小学生らしくていいかなと思います。

モールは小学校の図工の授業でも使ったりするので、余っても困らないですね。

 

まとめ

毎年やってくるバレンタイン。

小学生の女の子のお母さんが一番大変だったりして・・・。

なので、あまりがんばりすぎず、親子で簡単に楽しくできるものを作りましょう。

この際、お母さんは友チョコをメインで考えず、親子でお菓子作りできるイベントとして、楽しめるといいですね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑