酵素が不足するとどうなる?病気予防に酵素の効果的な摂り方

公開日: 

昨今、酵素ダイエットが流行っていますよね。

酵素は、消化をサポートしてくれますので、もちろんダイエットにも効果が期待できるのですが、病気予防にも役立つのです

 

酵素がなければ私たちは生きていけません。
そんな生命活動に必要な酵素が不足すると、私たちの体はどうなってしまうのでしょうか。

私たちが健康で生きていくために必要な酵素のこと、酵素不足による人体への影響、効果的な酵素の摂り方などを調べてみましたので、紹介します。

スポンサードリンク

もくじ

酵素が不足するとどうなる?
酵素は病気予防に効果あり!
酵素の効果的な摂り方!
酵素が病気予防になるのまとめ

 

酵素が不足するとどうなる?

 
 
近年、酵素はダイエット良いとして、とても人気がありますよね。

酵素というと、消化を助ける効果が高いことがクローズアップされていますが、酵素の働きはそれだけではありません。
 

酵素は、消化・吸収の他にも、呼吸をすること、筋肉を動かすことなど、人が生きていく活動の手助けをしてくれているのです。

つまり、酵素がなければ、人も動物も生きていくことはできません。

ここでは、酵素の働きを紹介するとともに、不足することで、私たちに起こりうる症状を紹介していきます。

 

消化をサポートする

人が食べ物を食べると、その食べ物の成分を酵素が分解します。

食べ物の栄養素が体に吸収されるために、酵素が栄養素を分子化していくのです。

主な消化酵素は、消化液・唾液・胃液・膵液・小腸粘膜に含まれています。

 

エネルギーを生み出す

消化酵素によって、分子化された栄養素を、次に代謝酵素が体のすみずみまで運びます。

そうすることで、人の体にエネルギーがわくのです。

代謝酵素の働きによって、私たちができている行為は、動く、呼吸をする、考える、感じる、まばたきをする、など。

人として、基本的な行為をサポートしてくれています。

他にも、筋肉や骨、皮膚や髪の毛、成長ホルモンや男性ホルモン、女性ホルモンを作る、などの働きも担っています。

 

酵素が不足すると

このように、体内に酵素があることで、私たちは健康に生きていられるのです。

では、私たちにとってとても大切な酵素が不足すると、どのような症状が起こるのでしょうか。

 

自然治癒力の低下

酵素には、身体にある悪い細胞を、修復・治癒する働き、つまり自然治癒力があります。

酵素が不足すると、自然治癒力が悪くなりますので、風邪をひきやすくなったり、風邪が治りにくくなったり、ケガが治りにくくなったり、など、人の体にさまざまな悪影響を及ぼします。

また、酵素は、ガンを防ぐ働きもあります。(次の章で詳しく紹介します。)

ですから、体内酵素が不足すると、大きな病にかかってしまう恐れもあるのです。

 

新陳代謝の低下

体内の酵素が不足すると、食べ物の消化活動が低下します。

また、分子化した栄養素を体内のすみずみまで届けることも困難になりますので、新陳代謝が低下してきます。

 

そうすると、肌の生まれ変わりが衰えると同時に、肌の土台を支えるコラーゲンやエラスチンの生成が少なくなります。

それらが不足すれば、シミ・シワ・肌のたるみなどが起こり、肌は老化の一途をたどることになります。

 

つまり、酵素が不足すると、体内への悪影響とともに、肌への悪影響も及ぼすのですね。

 

酵素は病気予防に効果あり! 

紹介した通り、酵素が不足すると、悪いことばかりが起こります。
つまり、酵素をしっかりと取り入れることで、病気予防に大いに役立つという訳です。

酵素を取り入れることで、どのような病気予防ができるのかを紹介します。

 

ガン予防

先ほども少し触れましたが、酵素はガン予防にも役立ちます。

健康な人でも、1日5000個もガン細胞ができています。

このガン細胞を除去してくれているのはリンパ球(免疫細胞)です。

 

正常な細胞はマイナスの電荷を帯びていますが、ガン細胞はプラスの電荷を帯びています。

リンパ球は、この電荷を元に、ガン細胞を攻撃しています。

ですが、攻撃しそこなったガン細胞が溜まり、塊となってしまうこともあります。

これが、ガンです。

 

このガン細胞の塊は、たんぱく質の膜をまとっています。

この膜は、マイナスの電荷を帯びています。

つまり、正常な細胞と同じ電荷であるため、リンパ球が攻撃をしないのです。

これを放置しておくと、ガンは体内にどんどん広がり、人を死に至らしめます。

 

もしも酵素が不足していなければ、ガンの膜となっているたんぱく質を溶かしてくれる働きをします。

たんぱく質の膜を溶かせば、プラスの電荷を帯びているガン細胞があらわになるのですから、たちまちリンパ球が攻撃をしかけます。

つまり、酵素が満ち足りていれば、ガンという大きな病にかかることを防ぐことが期待できるのです。

 

生活習慣病予防

酵素が不足すると、栄養素をうまく分解できなくなるため、栄養素が、血管をスムーズに通らなくなってしまいます。
これが、いわゆるドロドロ血液です。

ドロドロ血液を放っておくと、心筋梗塞や狭心症・脳卒中などの大きな疾患を起こす危険があります。

ですから、酵素を体内に取り入れ、血液の流れをスムーズに行えるように改善する必要があります。

血液がサラサラになれば、高血圧や脂質異常症、糖尿病などの生活習慣病も予防することができますね。

スポンサードリンク

 

酵素の効果的な摂り方!  

 

酵素の力を知ったところで、最後に効果的な酵素の摂り方を紹介します。

最初に摂る

酵素は消化をサポートしてくれる存在ですので、まずは食事の最初に摂ることをおすすめします。

酵素を多く含む食べ物は、生野菜・フルーツですので、メインの食事の前にこれらを摂取するとより効果的です。

これは、ダイエットにも用いられる方法ですよね。

フルーツは食後、と言う方も多いのですが、実は最初に摂ることでより効果的に酵素を働かせることができるのです。

 

生の状態で食べる

酵素は熱に弱い性質があります。

ですから、野菜であれば煮たり、焼いたりするよりも生で食べることが効果的なのです。

 

野菜によっては、生で食べるよりも、熱を加えることで栄養素がアップするものもあります。

例えば、鉄分が豊富と言われる、ほうれん草などは、熱を加えないと鉄分を効果的に吸収ができません。

他にも、トマトは、熱を加えることでガン予防となるリコピンが60%も増えると言われています。

ですが、酵素をより効果的に摂るのであれば、生の摂り方が一番です。

 

新鮮なものを摂る

野菜やフルーツはカットされて販売されている物も多いですよね。

食べきりサイズであり、カットする手間も省けるので、つい利用してしまいがちですが、これは酵素を効果的に摂る、という面では良くありません。

 

野菜や果物をカットすると、断面から酵素はどんどん流れて行ってしまいます。

また、収穫してから時間が経つと、酵素は失われて行ってしまいます。

ですから、野菜やフルーツは、丸ごと購入をして、新鮮なうちに食べることがポイントです。

 

すりおろす

野菜やフルーツは、すりおろすと酵素の力が増します。

例えば、大根や長いも、ニンジンやカブ、果物でしたらリンゴなどはすりおろして食べると良いとされています。

すり下ろした食材は、メイン料理のタレに用いたり、ヨーグルトなどのトッピングに用いたりと、活用の幅が広いのでおすすめです。

 

食物で取るのが難しい方にはサプリメント。

海外セレブの間で大人気のサプリメント「こうじ酵素×生酵素サプリ」で酵素が取れます。



 

酵素が病気予防になるのまとめ

酵素は、私たちが生きていく上では欠かせないものだということがわかりました。

年齢とともに、生活習慣病やガンは他人ごとではなくなりました。

酵素を積極的に取り入れることで、これらのリスクを減らすことができます。

加齢とともに酵素は減少していくそうなので、意識的に摂り入れたいですね。

 

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑