夜眠れない時どうする。眠る方法8選。これ結構眠れます。

公開日: 

夜眠れない方結構多いようです。
昔は羊の数数えてたと思うのですがどうする?

今はいろんな眠る方法があります。寝付けない方は下記の方法試してみてはどうでしょうか?

基本はリラックス!

意外と最初の方法は、寝付くことが出来ます。途中で覚醒して不眠だという方もこれらの方法でまた眠りにつきましょう!

スポンサードリンク

 

もくじ

夜眠れない時どうする。眠る方法は?
・・大きな「あくび」をする。
・・4-7-8呼吸法
夜眠れない時どうする。リラックス法は、足湯やマッサージ
・・足湯をしてリラックスすると眠りやすい
・・足裏マッサージは意外と効果的
・・リラックスして眠気を誘う
眠気を誘うのは、アロマやヒーリングミュージック
・・アロマオイルをしみこませたコットンを枕元に
・・リラックスできる音楽を聴く
寝る準備に工夫を!お風呂に入る時間を・・・
夜眠れない時どうする。眠る方法のまとめ

 

夜眠れない時どうする。眠る方法は?

気持ちのおおらかな方は、どこでも1分で眠りにつくことが出来るって聞きます。
そんな方でも、明日は結婚式のスピーチだ!って思うと、プレッシャーがかかります。

早く寝ないと!って思えば思うほど目が冴えてきます。

そんな時、お薬を使わないで眠る方法をいくつかピックアップします。

最初のは、私が試して効果が上がっている方法です。

だから万人に効くかというとそうでもありません。 でも眠気は来るんです。お試しあれ。

 


大きな「あくび」をする。

眠いときには大きなあくびが出ます。これを逆手にとって、眠くない時に、おおきな「あくび」をしてみてください

3回あくびをすると、まず頭の緊張感が無くなって、ボーっとして、穏やかな感じになります。

ゆっくり、大きくですよ!

そしてゆっくり呼吸します。

呼吸の方法は、寝息を立てている人の通りに呼吸します。

眠っている人は、ゆっくり深く呼吸してますよね。それを真似るんです。

イメージは、ぐっすり寝ている人の寝息です。 

これでまず眠れます。「あくび」がキーワードです。

やってみてください。

 


4-7-8呼吸法

これは結構ネットでも評判になっている、眠くなる呼吸法です。

「1分で寝落ちする呼吸法」と言われていますが、1分では眠れなかったけれど、結構知らないうちに寝ていました。

最初の「あくびをする」の後にこの呼吸法をやってみるのもいいと思います。

ヨガを応用した呼吸法だそうです。

 

では、その「4-7-8呼吸法」を説明します。

0.まず息を全部吐ききります。ここから開始
  ↓
1.そして4秒かけて鼻から息を吸います。
  ↓
2.そこで息を止めて7秒間。
  ↓
3.そして8秒かけて口から息を吐きます。

1~3を1セットとして、3回繰り返します。 そうすると約1分。で、眠くなる。
という呼吸法です。

寝落ちしましたか?^^

私は、とくに眠くなったって言うことは無いですが、この呼吸法は心が落ち着きます。
ほどなく眠りについていました。

そう!眠くなるというより、いつのまにか寝ていた。って言う感じです。

夜中目が覚めた時のも有効だし、この呼吸法はヨガからきているので、起きているときもやってみると、心身に好影響を与えると言われています。1日8セットやると良いでそうです。

 

夜眠れない時どうする。リラックス法は、足湯やマッサージ

呼吸法を説明してきましたが、眠るには心身ともにリラックスるのが一番。
体が気持ち良いと精神的にも落ち着きますね。

ここで大事なのが「足」

温かくするのも一つの方法、マッサージも。

もう一つ体を動かすのも方法の一つです。詳しく見ていきましょう。

 


足湯をしてリラックスすると眠りやすい

40代前半の女性の方の投稿です

体は疲れているばすなのに、頭がさえている時はなかなか眠りにつくことができません。

私の場合は布団に入ってしばらくはじっと目をつぶって深呼吸をしてみたりしますが、どうしても眠れない時は一度起きて足湯をします。
人の体は体温が下がる時に眠りにつきやすいと言いますので、一旦体温を上げるのが有効だと思います。

しかし入浴となると、面倒なので足湯だけでも効果があります。

両足が入る大きさのバケツにお風呂の温度くらいの(40度くらい)のお湯をいれてくるぶし上くらいまで足をつけます。
お湯を沸かす時に、お茶(カフェインのないもの、ハーブティーや白湯など)も一緒に淹れて、飲みながら足湯をします。

 

注意するのが、このときスマホやパソコンを開かないこと。

スマホなどの画面から発する光で頭がさえてしまうので余計に眠れなくなります。
私の場合はラジオをつけたり、本を読んだりしてゆったり過ごしてみます。

足湯をする時間は10分位でも効果があると思います。

長くてもいいですが、お湯が冷めてしまうので、冷えてきたら新たにお湯を足したりして快適な温度を保つようにすると全身が温まります。

そうして改めて布団に入ると、だいたい眠れることが多いです。

体が温まってリラックスするのと、徐々に体温が下がるので眠りやすくなると思います。

アロマなどの香りがあるとさらに効果があると思います。
ラベンダーなどは安眠効果があるので不眠がちな方はラベンダーのオイルを持っていると役立つと思います。

スポンサードリンク

 


足裏マッサージは意外と効果的

30代後半の男性の意見です。

私がよくやっているのは、足裏マッサージです。

足の裏をマッサージすると、ものすごく気持ちがよくて、心身ともにリラックスできるんですよね。
ただし、あぐらを組んで、自分の足裏を刺激するのは思いのほか労力を必要としますし、場合によっては、ストレスに感じることもあります。

なので、できることなら家族など誰か別の人にやってもらうのがお勧めです。

布団の上にうつぶせになった状態でツボを押してもらうと、たちどころに睡魔が襲ってきます。
で、そのまま朝までーぐっすりと眠ることができます。

ちなみにですが、足裏の中でも、踵の辺りを刺激してやると効果的ですよ。というのも、踵には、睡眠をつかさどる「失眠(しつみん)」と呼ばれるツボがあるからです。あてがわれた漢字を見てみると、なんだか奥深いですよね。眠りが失われているって・・。

 

とまあ、足裏マッサージは眠りを誘発するうえで意外と使える手法なのでぜひ試してみてください。
そうそう、ツボ押しをするタイミングですが、これは入浴後がベストです。

体が温まり、リラックスした状態でのツボ押しは大変効果的です。

逆に、ワーストなタイミングは食後です。食後にツボ押しをしてしまうと、消化を妨げる恐れがあるので、避けましょう。

あと、もしも手伝ってくれる人がいない場合は、青竹ふみを活用するのも一つの手です。

手で押すよりも、かなり楽ですし、全体重が乗っかるので、効果に関しても手で押すよりもいいと思います。

 


リラックスして眠気を誘う

20代後半の男性の投稿です。

目が冴えてなかなか寝付けないというときは、体をリラックスさせることが効果的です。

夜に眠れない原因としては、仕事のストレスが残ったままになっていて、明日の予定などを無意識に立てていることなどが影響してきます。

そのため、体の緊張をほぐしてあげるためにも、ストレッチを行いリラックスすると眠気を誘うことができます

 

ストレッチにも様々な種類がありますが、誰でも簡単に行えるものとしてラジオ体操があります。
これを一通り終わらせるだけでも全身を動かすことができ、リラックスできます。

お風呂上がりなどに行っていけば大きな効果を期待することができます。

またヨガなども効果的で、全身を動かし軽い瞑想も行えるため、リラックスすることができ眠気を誘うことができます。

これらのストレッチを行うタイミングはいつでも良く、自分の空いた時間を有効活用していけば、必ず夜眠る前に行わなくても構いません。

必要なのは自分の緊張をほぐしてあげることですので、ストレスを溜めないためにもリラックスできるようストレッチを始めてみられるといいかもしれません。

眠れない原因としては体の不調も挙げられますので、肩こりなどが起因となっている可能性もあります。
そのため体の不調に気がついているのなら、その部分に対してストレッチを念入りに行っていかれるといいでしょう。

リラックスした状態でベッドに入れば自然と眠ることができますし、目覚めも良くなりますので対策してみてはどうでしょうか。

 

眠気を誘うのは、アロマやヒーリングミュージック

ここでは、鼻から、耳から、リラックスする方法を。

もちろん香りであったり、音楽であったり、あなたに合った方法を見つけてください。

 


アロマオイルをしみこませたコットンを枕元に

アロマが出てきたので、アロマを使った睡眠法です。

これは40代前半の女性です

昔から、布団に入るとなかなか寝つけないことがあります。
そんな時はそのまま布団に入って無理矢理寝ようとするのではなく、まずは一度起きます。

そしてホットミルクを飲んでみたり、半身浴をします。

38度ぐらいのお湯に胸から下だけ入るのです。20~30分ぐらいゆっくりとつかります。すると身体がリラックスして布団に入るとすぐに寝つけるんですよね。

それでも眠れない時があるのですが、リラックス効果のあるアロマオイルを使うんです。

 

リラックスして寝つきが良くなるアロマを選び、アロマオイルをコットンにしみこませて枕元に置きます。
すごく良い香りがしてきて、余計なことを考えずぐっすりと眠ることができます。

アロマオイルを使うことで、夜中に起きることがなくなりました。
朝までずっと寝ていることができるようになったんです。朝はもちろん、すっきりです。

アロマオイルでおすすめなのが、

・ラベンダー
・オレンジスイート
・ベルガモット

です。

私はオレンジスイートがお気に入りです。アロマオイルを使ったことがなかったので魅力はわからなかったのですが、今は眠れない時に一番必要なアイテムなので魅力がしっかりとわかりました。

アロマオイルは、半身浴の時にお湯にたらして使うのも良いです。すごくリラックスできて心地よく眠れます。また、ストレッチをしたりヨガを10分ぐらいしてみると、眠れるようになりました。身体をゆったりと動かすと気持ちが良くなり、寝つきが良くなると思います。

 


リラックスできる音楽を聴く

30代後半の女性の投稿です。

ヒーリングミュージックのCDを購入して、気持ちをリラックスさせると自然と眠くなります。

CD購入は!?って言う方は

YouTubeの「Sleep BGM channel」の音楽です。睡眠導入用の曲が集まっているチャンネルなのでどの曲を選んでも不思議と眠くなります。

 

そしてさらに余裕がありましたら、BGMを流しながら足を温めるため布団の上でマッサージをします。

足が冷えているということは全身の血行が悪くなっている証拠なので、まず血流を良くするために両足の指を手でグーをするようにギュッと曲げて3秒待ったら、一気に指先を元に戻します。
それを3回繰り返すと足がポカポカしてくるはずです。

あとは両手を使って足の指先から太ももの付け根まで、片足ずつゆっくり時間をかけて揉みほぐします。

マッサージが終わったら布団に入りBGMの音量を少しずつ下げながら消し、両腕をバンザイするように上げて両手が軽く重なるようにして寝ると、眠れなかったのが不思議なくらいスッと寝落ちするのです
この方法に気付いてからは眠れない日が無くなりほっとしています。

 

YouTubeを「Sleep BGM channel」を検索すると、たくさんのジャンルや色んな楽器があって、結構長い時間録音されています

LIVE配信のものもあります。 有効に使ってください。

 


寝る準備に工夫を!お風呂に入る時間を・・・

30代後半の男性の投稿です。

夜にうまく寝ることができない、または眠りが浅くて寝付いてもすぐに目を覚ましてしまい朝を迎えてしまうということに悩まされている方が心療内科に相談をするケースというのが増えているそうです。

処方薬での対処や市販されている安眠グッズなど、「眠り」を得るための方法はいくつも世の中に溢れていますが、不眠の対処でお悩みの方はまずは「寝るための準備」に工夫をしてみてください。

それは雑誌や書籍などを読んだり、深酒をするということではありません。

 

「睡眠」は「体温」と密接な関係にあるのはご存知でしょうか。

脳と体をしっかり休めるためには体温の低下が必要であり、「深い眠り」というものは体温が大きく低下しています。

この「体温の低下」は「熱放散」といって、体の体温を下げるために熱を外に逃がしている状態であり、体温が徐々に低下することで眠気が発生します。
よく子供の体が温かくなって「眠くなってきたのかな?」となるのは、この「熱放散」によるものです。

従って、適度に体を温めて熱放散をさせることで質の高い睡眠を得ることができるのです。

 

一番良いのは寝る入浴をして1時間~2時間後には寝られるようなスケジューリングをすること。
もちろん、寝るまでに体を冷やさないようにして、温まった体を維持することも大事です。

熱いお風呂に入るとスッキリした気分になるかもしれませんがこれは眠りにとっては悪影響なので、38度~40度くらいのお湯にゆっくり浸かるようにすると良いでしょう。

また無理に「長時間の半身浴」でなくても良いですし、ショウガなどを多くとるといった食事法などもする必要はありません。
湯船に浸かることが難しい場合は、両手、両足をお湯につけてあげるだけでも良いです。

とにかく睡眠に必要な熱放散をさせるために、「ゆっくりと体を温める」「温かさをキープしたまま布団に入る」というのを寝る前の準備として取り入れてみてください。
寝られないというだけでなく、すっきりと気持ちが良く質が高い「睡眠」が得られるようになるでしょう。

 

夜眠れない時どうする。眠る方法のまとめ

一番簡単なのが、寝たママする呼吸法ですね。

結構呼吸は大事です。

深呼吸する感じで結構リラックスできます。「あくび」もそうです。緊張感が取れます。

緊張感をなくすには、音楽や、アロマも良いと思います。、

さらに寝る前のことも大事ですね。お風呂に入る時間だったりとか、お湯の温度だったり、足のマッサージだったり、軽い運動だったり。

眠れない方、色々やってみてください。

私は「あくび」3回、寝息を真似するで結構寝落ちします^^

 

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑