そばかすをメイクで消す5人の方法!目立たなくしたい!厚塗りはイヤ!

公開日: 

そばかす美人!と言われることも有りますが、やはり白い肌にはあこがれるもの。

手っ取り早くそばかすをメイクで消す方法を伝授します。

まあ、使ってるものは、コンシーラー、ファンデーション、が主役ですね。

5人のメイクの仕方、微妙に違うので、参考にしてください。 

メイクの仕方で、女子力アップ!!

スポンサードリンク

 

そばかすを簡単にメイクで目立たなくする方法

そばかすは、左右の頬に淡い褐色や黒褐色の斑点ができるもので、遺伝によってできると考えられています。
特に、色白の人にできることが多く、紫外線を浴びるとそばかすが濃くなることがあります。

通常、そばかすは放置していても問題はありませんが、顔の中でも目立つ部分にできるため、コンプレックスに感じている人も少なくありません。

できてしまったそばかすは、皮膚科や美容外科などで薄くすることは可能ですが、皮膚科での治療は、疾患があることを前提に治療を行っていくため、必ずしも肌がきれいになるとは限りません。

また、美容皮膚科や美容外科などの治療は、そばかすを消して肌をきれいにすることは可能ですが、自由診療となるため、費用が高額になる場合があります。

こういったクリニックでの治療には抵抗があるという場合には、メイクでそばかすを目立たなくさせるという方法も効果的です。

 

よくそばかすを隠そうとしてファンデーションを厚く塗ってしまう人がいますが、そばかすを隠すことができても厚化粧となり、ナチュラルな印象を与えることができません。

自然にそばかすを目立たなくさせるには、コントロールカラーを使用して、肌の色ムラをカバーし、ハイライトで影をとばすことで、厚化粧になることなくそばかすを目立たなくすることができます。

 

 

また、コンシーラーを使用する場合には、肌の自分の肌よりも明るいものを選んでしまうと、目立ってしまい逆効果となってしまいますから、肌の色よりも少し暗めの色を選ぶようにしましょう。

ただ、場所によってそばかすの色は異なりますから、複数の色のコンシーラーを持っておくと便利です。

 

 ★コンシーラーランキング★

 

ファンデーションがパウダータイプの場合には、コンシーラーを先に使用し、リキッドタイプのファンデーションの場合には、ファンデーションの後にコンシーラーを使用するなど、メイクの手順は異なります。

パウダー系のファンデーションの場合の使い方は、化粧下地を塗った後、コンシーラーを指にとり、そばかすの上にのせていきます。
この際、そばかすよりも一回り大きめに塗るのがポイントです。

次に、コンシーラーの周りを優しくぼかしていき、その後でファンデーションを顔全体に塗っていきます。

リキッド系のファンデーションの場合には、全体にファンデーションを塗った後、指でコンシーラーをのせていき、周りをぼかしていきます。
この後、フェイスパウダーで仕上げることで、全体のムラがなくなりそばかすが目立たなくなります。

 

そばかすはコンシーラーやリキッドファンデーションで

そばかすを消すメイクの方法は、コンシーラーでそばかすを目立たなくしてしまう方法があります。
また、そばかすの上から、リキッドファンデーションを厚く塗ると、目立たなくなります。

一番すごいのは、リキッドファンデーションをそばかすの上に塗り、その上から、コンシーラーを塗ると、良いです。

厚塗りになるかも?と思われがちですが、ぜんぜんそんなことは、無いんですよ。

 

また、春や夏には、日焼け止めを下地に塗ることで、そばかすを目立たなくすることが出来るんですよ。
日焼け止めは、一年中使えますが、春や夏の汗をかく時期に、下地に使うとそばかすを目立たなく出来ます。

いまは、素晴らしい日焼け止めがたくさん出ていますから、これを利用しない手はないですね。

とくに、日焼け止めを下地に塗った後にリキッドファンデーションを塗り、さらにそばかすの所へ、コンシーラーを塗ると、そばかすが目立たなくなります

そばかすを目立たなくするには、肌に近い色のリキッドファンデーションが、良いと思います。

たとえば、肌が白い方は、白めのリキッドファンデーションを、肌が黒めの方は、黒めのリキッドファンデーションを、利用すると良いでしょう。

 ★リキッドファンデーション ランキング★

また、コンシーラーも、自分の肌に近い色のものを利用するのを、オススメいたします。
コンシーラーを、利用すると、そばかすだけでなく、ほくろや、肌のくすみなども、消すことが出来ます。

まずは、日焼け止めを塗って、そばかすを目立たなくしてから、お肌の色に近い、リキッドファンデーションを塗り、さらにそばかすの上に、コンシーラーを塗りましょう。

これで、化粧品でのそばかすを目立たなくする方法は、ばっちりです。

 

また、マッサージでそばかすを目立たなくすることも出来ます。

お顔全体をクリームなどを塗ってから、よくマッサージします。

すると、そばかすの色素沈着が、やわらいでそばかすを目立たなくすることが、出来るんです。
マッサージは、両手で、お顔全体をくまなくマッサージしてみてください。

そばかすを目立たなくする、お顔のマッサージは、朝、洗顔の後や、夜、寝る前などが効果的です。

マッサージは、身体の血流をよくするので、そばかすには、効果がかなりあるでしょう。

マッサージをする時は、そばかすの辺りを入念に、また、クリームなどを使ってくださいね。
そばかすを目立たなくするには、お顔の血流をよくするマッサージは、かなり効きますよ。

マッサージは、お風呂の中でも効果的です。
是非、やってみてくださいね。

スポンサードリンク

 

そばかすを目立たなくするメイク方法

そばかすが多く、友人からよくそばかすが多いねと昔からよく言われていました。
それがたまらなく嫌で、メイクをする時にはそばかすを分からなくするように工夫をするようになりました。

もちろんそばかす自体を消す事が出来たらいいのですが、現実問題いろいろと試してみましたが出来てしまったそばかすを消すのは無理でした。

 

それから消せないのなら、隠そうとまずはファンデーションをクリームタイプの物に変えました。
ファンデーションの中でクリームタイプの物が、時間が経ってもメイクが崩れにくいので、時間が経ってメイクが崩れてそばかすが目立ってくる心配がありません。

ファンデーションの色選びもそばかすを隠すうえでは、重要で自分の肌に合った色のファンデーションを選ばないと肌に透明感を与える事が出来なくなってしまいます。
ファンデーションを塗った後に、コンシーラーを使っていますが、私のそばかすは範囲が広いのでクリームタイプのコンシーラーを使っています。
 

最初はスティックタイプのコンシーラーを使っていましたが、そばかすの範囲が広くステックタイプだと浮いてしまう感じがありクリームタイプにしました。
コンシーラーを使い始めた頃には、塗り方が下手だったせいか塗った部分が浮いてしまう事が多く何度もやり直していました。

今では、コンシーラーの塗り方も分かって来て少量を少しずつそばかすの部分に塗って自然な感じでカバー出来るようになりました。

そばかす隠すメイクで一番難しいのは、このそばかすの上にコンシーラーを塗って行く塗り方だと思います
最初は、そばかすを隠したい一心でどうしても厚塗りになってしまいがちです。

しかしそれでは、そばかすは隠してもコンシーラーの部分が浮き出てしまい不自然になってしまいます。
何度か試しているうちに加減が分かって来ますから、失敗しても練習あるのみだと実感しました。

 

コンシーラーは、色の選び方も大事で自分のそばかすより少し暗めの色を選ぶ事で、自然な感じになります。

その後に肌の色を明るく見せるために、コントロールカラーを使って自然な感じにしています。

コントロールカラーは、顔を明るく見せるためにピンクのコントロールカラーを使用しています。
その後にフェイズパウダーを使い、余分なパウダーを落してから顔に塗って行きます。

 

最後は、チークを入れて顔のコントラストを付ける事で顔の色が明るくなり透明感がを出します。
そばかすを隠すには、全てを薄く塗って自然な感じで隠す事が一番のポイントです。

 

 

このメイクでそばかすが目立たなくなる

鼻の付け根辺りを中心に目の下周辺から頬の中ほどにかけて、紅茶の茶葉を散らしたようなそばかすがあります。

私は地肌の色が白いため、そばかすが余計目立って見えるので子どもの時は気になっていました。
中学生頃から雑誌などでメイクの方法を覚え始めた時、一番最初に覚えたのがそばかすの隠し方です。

最初は自分の肌色に合ったコンシーラーやファンデーションもよく分からず、いざ使ってみても厚塗りしすぎて不自然な質感の肌になってしまったりしましたが今は自分なりにそばかすの目立たなくなるベースメイク方法を見つけました。

準備するのは

 コンシーラー
 ファンデーション、
 頬の赤みを消す為にコントロールカラー
 フェイスパウダーです。

私はファンデーション・コンシーラー共にクリームタイプを使っています。

 

またそばかすを隠したい場合、最も大事なのが使用する化粧品の色選びになります。肌の色と隠したいそばかすの濃さは人によって違うので必ず自分の目で色を確認して選びましょう。

目安としてコンシーラーは自分の肌やファンデーションより少しだけ暗めの色をチョイスすると仕上がりの違和感が出にくくなります。

つい明るい色の物を選びたくなりますが、そうすると不自然な仕上がりになってしまいがちなので気をつけましょう。

またコンシーラーはクリームやリキッド、スティックなどの形状がありますがそばかすは隠したい範囲が広いですからクリームタイプが使いやすいでしょう。

ただそばかすの出ている範囲や濃さによってはスティックタイプの方が使いやすく、よくカバーできる事もあるので自分に合ったアイテムを見つけてください。

化粧下地とコントロールカラーで肌を整えたらファンデーションを顔全体に均一に伸ばして馴染ませます。

 

そしてここから重要なポイントがコンシーラーを直接肌に塗らないことです。

クリームタイプのコンシーラーを一旦手の甲に出したらチップやメイクブラシで取り、そばかすが気になる部分にとんとんと乗せていきます。

厚塗りは厳禁、ナチュラルさを目指します。

乗せたら指で叩くようにして肌と馴染ませます。
最後にフェイスパウダーをブラシで顔全体に乗せれば完成、そばかすは大分目立たなくなるはずです。

フェイスパウダーは使うと時間によるメイクのヨレやくすみが減るのでコンシーラーを使うなら必ず使うようにしてください。

もしそばかすの濃さが顔の部位によって違うという方は複数の色が入っているパレットのコンシーラーがおすすめです。

 

そばかすを消すメイク法と注意点

そばかすが出来てしまうと一気に年齢が出てしまいますよね。
また、そばかすがあると老けて見えてしまうので女性としては隠したいところではないでしょうか。

では、そばかすを消すメイク法を紹介したいと思います。

まず、一番簡単に消すのはコンシーラーでソバカスを消す事です。
ソバカスがポイントで出来てしまっている場合に消す定番のアイテムですね。

塗るポイントは自分の肌よりも少し濃い色のコンシーラーを使うことです。そうする事でソバカスがしっかりとカバーできるので自分のお肌に合わせてコンシーラーを使ってくださいね。

また、一度に濃く塗り過ぎないように注意が必要です。少量ずつ何度か塗ることでカバー力が高くなり、自然な仕上がりになります。一度に多く使用するとムラが出来て不自然になってしまうので、少量ずつのせて、丁寧にぼかす事が上手にソバカスを隠すコツです。

 

そして、広範囲に出来たソバカスを消すにはファンデーションがおすすめです。ファンデーションはリキッドタイプでしっかりとカバーしましょう。

やり方はそばかすが気になる部分にリキッドをファンデーションをのせていきます。そして、顔の内側から外側に向かってのばしなじませていきます。

このときのポイントは気になる部分には気持ち大きめにリキッドを伸ばすようにしていくと良いです。

そして、仕上げはパウダーファンデーションを使うと自然な仕上がりになります。ただ、あまり濃くつけてしまうと厚塗りになってしまうので、うっすらと軽くつける事が自然に化粧が出来る秘訣です。濃くならないようにつけすぎないようにしてくださいね。

 

そして、最後はコントロールカラーで消す方法を紹介します。

付け方はまずはパール1粒程度のコントロールカラーを手の甲に出してください。多すぎると化粧がよれてしまうので、適量につけるのがポイントです。

そして、そばかすが気になる部分に手でコントロールカラーをなじませます。そして、人差し指、中指、薬指を使ってスポンジでコントロールカラーを伸ばしていくと良いでしょう。このときも厚塗りにならないように薄く塗ることで化粧が自然な仕上がりになります。

 

そばかすをメイクで消す5人の方法のまとめ

このように、ソバカスをメイクで隠す方法を紹介しました。ソバカスを消す化粧品はただつけるだけではなく、自然に仕上げるために工夫が必要です。薄すぎてもカバーしきれないし、濃すぎても厚塗りで不自然になってしまうので、上手にコントロールしてそばかすを隠してくださいね。

気になるそばかす。女子力メイクでしっかり隠しましょう!

 

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑