さがみ湖イルミリオンに行ってみた口コミ。混雑状況とアクセス(写真有)

公開日: 

街にだんだんとクリスマスの飾りが増えてくると、大人でもウキウキしてしまいますよね。
私は、イルミネーションを見るのが大好きなので、冬が待ち遠しいです。

そんなイルミ大好きな私が今回紹介するのは、さがみ湖プレジャーフォレストで開催されているイルミネーションの「イルミリオン」。

イルミリオンは、関東三大イルミネーションに認定され、使用されている電飾の数は関東最大級という、圧倒的に美しいイルミネーションなのです。

今回訪れた2018年度の相模湖イルミリオンの口コミを紹介するとともに、期間や時間、アクセスなどの基本情報の他、気になる混雑状況も紹介したいと思います。

スポンサードリンク

 

もくじ

さがみ湖イルミリオンの口コミ(写真たくさん有り)。
さがみ湖イルミリオンの東京からのアクセスと混雑状況は?
さがみ湖イルミリオンの期間と点灯時間は?
さがみ湖 イルミリオンのまとめ

 

さがみ湖イルミリオンの口コミ(写真たくさん有り)。

一足早くイルミネーションを楽しもうと、11月上旬に相模湖プレジャーフォレストに遊びに行ってまいりました。

イルミリオンはこれまで3回訪れたことがありますが、行く度にバージョンアップしているので、今回はどんなイルミネーションが楽しめるのかワクワクします。

実際にプレジャーフォレストのイルミネーションを体験した口コミを、写真を交えながら紹介していきたいと思います。

 

さがみ湖イルミリオンの紹介

さがみ湖プレジャーフォレストのイルミネーションは、「さがみ湖イルミリオン」と言います。
今年で10周年を迎えました。

正直、プレジャーフォレストのアトラクションはそれほど多くもありませんし、クオリティとしてもそれほど高くありません。

ですが、プレジャーフォレストは、イルミネーションが規格外にすばらしいと言うことで、県外からの観光客もたくさん訪れる人気遊園地なのです。

実際に、イルミリオンは2018年の夜景サミットにて、「関東三大イルミネーション」に認定された、とても有名なイルミネーションスポットなのです。

使われている電飾は関東最大数の600万級。
これは期待が高まりますよね。

 

エントランス

では、実際のイルミニオンの写真を紹介していきましょう。

まずはイルミニオンのスタートであるエントランスから。

エントランスは、園内に入場するとすぐに登場します。

プレジャーフォレストは山の傾斜を活かした遊園地のため、入ってすぐに広範囲のイルミネーションが目に飛び込んできます

この瞬間、イルミニオンのスケールの大きさに圧倒されること間違いありません。

入ってくる方々は、口々に「やばい!!」を連発していました。

本当に、ヤバいほどきれいです。

 

光の海

こちらのゾーンは、入場してすぐのエリアとなっています。

プレジャーフォレストのレストラン棟の目の前がこちらのゾーンですので、食事をしながら光の海を鑑賞することができます。

レストランの窓は、全面ガラス張りですので、迫力満点です。

ウミガメやクマノミなどの熱帯魚、タツノオトシゴや貝殻、カニやイカなどの生き物が、光の海を楽しそうに泳ぎ回っています。

周りの木々にもゴールドのイルミネーションが輝いていて、それが大きなサンゴ礁のようでとても美しかったです。

 

光の桜並木

こちらのエリアに行く途中には、エメラルドグリーンのイルミネーションエリアがあります。

場所は、パディントン ベアの空飛ぶブランコの周辺です。

エメラルドグリーンのゾーンが終わり、桜並木を歩いていくと、遠くにひときわ輝くピンク色の世界が見えてきます。

・桜並木

・遠くに輝くピンクの世界

写真ではなかなか伝わらないのが残念なのですが、辺り一面ピンク色のイルミネーションに輝き、それはもう美しい空間でした。

・中心には、メインの桜の大木が鎮座しており、迫力満点です。

メインのエリアには、和菓子屋さんの前にあるような長椅子に、三色団子やお茶のアイテムが用意してあります。

これを持って写真を撮れば、インスタ映え間違いなしですね。

 

光の回廊

桜に圧倒されたまま進むと、次に現れるのが光の回廊です。

まずはピンク色のイルミネーションなので、先ほどの桜を感じさせる演出です。

回廊なので、辺り一面が光に包まれていてとても幻想的な雰囲気です。

しかも、この回廊はとても長いので、しばらくロマンチックな気分に浸れます。

 

ピンクのイルミネーションの次はゴールドとシルバーのゾーンへ突入です。
こちらのイルミネーションは色々な光り方をするので、楽しくなってしまうゾーンです。

 

最後のゾーンはグリーンのイルミネーションです。
回廊が狭くなったせいで、光に包まれている感じが先ほどよりも強く感じられました。
こちらのゾーンは、宇宙に向かう道、というイメージでしたね。

 

光の動物園

光の回廊を抜けると、次に現れるのは光の動物園です。

水色を基調とした大地に、白く輝く動物がたくさん暮らしています。

・カバ

・動物ゾーンの遊歩道

・くじゃく

・くま

・蝶のむれ

・蝶の拡大

・白鳥

・動物エリアの遊歩道には、ピンク色のかわいらしい花が咲き誇っています。

動物たちが動く仕掛けがあれば、もっと楽しめそうですね。

 

光のプレゼントボックス

ここまでの順路で、山を登って下ってきます。
下った後は、イルミリオンの目玉スポットでもある光のプレゼントボックスへ向かいましょう。

このプレゼントボックスは、幅23メートル、高さ8.5メートル、奥行き18メートルの大きさで、中で使われている電飾は50万個のフルカラーLEDです。

ボックスに入る前には、ウェディングドレスと馬車のイルミネーションが設置してあります。
ウェディングドレスは顔を出して写真が撮れますし、馬車は中に入って写真を撮ることができます

 

また、ボックスに入る前に、スタッフから光のタクトを手渡されます

こちらのタクトは、ボックス内のイルミネーションの動き、音楽に連動した動きになっています。

そのため、ボックス内のイルミネーションの動きと色と同じ色に変わりますので、まるで、自分が指揮者になって、イルミネーションを操作しているような気分になります。

これは、まさに、イルミリオンが目指している体験型イルミネーションですね。
子どもは、夢中になってタクトを振っていました。

・タクト

・光と連動するタクト

そして、ボックスの中には、大きな光り輝くダイヤモンドのオブジェクトが飾られています。
このダイヤモンドも、音楽に合わせてさまざまなカラーに色を変え、とても幻想的です。

 

イルミネーションツリー

光のプレゼントボックスと同じエリアには、ロマンチックなイルミネーションに彩られたメリーゴーランドと、イルミリオンのシンボルとなる巨大イルミネーションツリーを見ることができます。

特にイルミネーションツリーの美しさは必見です。
高さ15メートルですので、とにかく大きい!!

下に立ってツリーと写真を撮ろうと思っても、ツリーのてっぺんまで写真に写りません。
ツリーは、フルカラーLEDが使われており、さまざまな色に変化していくので、見ていて飽きません。

スポンサードリンク

 

パディントンタウンのイルミネーション

プレジャーフォレストのイメージマスコットのパディントン ベアの住んでいるエリアでも、イルミネーションを楽しむことができます。

タウンの奥には、パディントンが描かれたツリー型のオブジェがあります。

 

虹のリフト

虹のリフトは、イルミリオンに来たら絶対に体験して欲しいアトラクションです。

山頂までは全長250メートル。

足下には、虹色に光輝くレインボーのイルミネーションがずっと続いています。

・(上り)

・(下り)

リフトからは、イルミネーションの広範囲を見渡すことができます。

昼間とは全く違った、光の世界が広がり、感動すること間違いなしです。

 

夜間アトラクション

園内のアトラクションは、16時で終了となり、イルミリオンが開催される16:30以降に限られたアトラクションだけが再稼働します。
(日や、アトラクションによって再稼働時間が異なります)

イルミリオン開催中に乗ることができるナイトアトラクションは、

・ 虹のリフト
・ 光の迷路
・ 光の観覧車
・ 極楽パイロット
・ 大空天国
・ ワームルーム
・ パディントンの鏡の館
・ とつげき!パディントン探検隊
・ メリーゴーランド 

となります。

園内の全景を楽しむのであれば、観覧車がおすすめです。

私は、観覧車からではなく、極楽パイロットからイルミネーションの前景を楽しみました。
他にも大空天国からも全景を楽しむことができます。

 

さがみ湖イルミリオンの東京からのアクセスと混雑状況は?

最後に、アクセスと、きになる混雑状況を紹介いたします。

 

 住所

神奈川県相模原市緑区若柳1634番地

 

 電車と路線バスの場合

【JR中央線】
JR中央本線相模湖駅下車
三ヶ木行のバスで、プレジャーフォレスト前下車(約8分)

【京王線】
JR横浜線橋本駅下車
三ヶ木バスターミナル行きのバスにて、三ヶ木で下車(約35分)
そこから、相模湖駅行きのバスでプレジャーフォレスト前下車(約8分)

 

 車の場合

【東京埼玉方面から】
中央自動車道相模湖東出口から約7分

【横浜方面から】
圏央道相模原ICから約15分、圏央道高尾山ICから約20分

 

 混雑状況

イルミリオンは関東最大級のイルミネーションと言うこともあり、大変人気のあるスポットとなっています。

期間中の土日祝は混雑が必至です。
特に、クリスマスが近い12月となりますと、駐車場に入るのに大渋滞となりますので注意が必要です。

 

駐車場は2500台もありますが、混雑時にはすぐに満車となってしまい、臨時駐車場へと誘導されます。

この臨時駐車場は、近いところでも徒歩20分、遠いところだと約40分もかかる場所にあります。

臨時駐車場と遊園地をつなぐシャトルバスも出ていますが、駐車場待ちをしている道を通ってきますので、なかなかバスが到着できません。

バスが到着しても、乗る人が多くて乗れない場合もあります。
これは、非常に時間の無駄使いですよね。

 

駐車場待ちで2時間かかったという情報もありますし、駐車場待ちをしたのにもかかわらず、最終入場時間に間に合わなくて入場することが出来なかったという情報もあります。
これは、悲惨ですよね…。

また、園内に入ったとしても、虹のリフト・観覧車の待ち時間が1時間という日もあるという情報もあります。

こうなると、イルミネーションを楽しむ気持ちも半減してしまいますので、なるべく平日に訪れることをおすすめします

 

第1駐車場に駐車ができますと、駐車場横の階段を上るとすぐ入場口となりますので便利です。

第2駐車場は第1駐車場のすぐ下にあります。

私が行ったのは、11月上旬の月曜日でしたので、日中・ナイトアトラクションともに待ち時間は全て0分でした。

 

人気アトラクションの極楽パイロット、大空天国ともに、私たち家族だけしか乗らなかった回もあるくらいでしたので、平日に行かれることを強くおすすめいたします。
イルミネーションでも、周りに人がいないので、きれいに写真を写すことができますしね。

スタッフの方に、前日の日曜日の混雑状況を伺ったところ、虹のリフトは20~30分待ちだったとのことです。

11月の土日であれば、まだそれほど混雑はしないのかもしれませんね。

 

さがみ湖イルミリオンの期間と点灯時間は? 

ここでは、さがみ湖イルミリオンの基本情報を紹介していきます。

 

 イルミリオンの開催期間

11月3日(土)〜2019年4月7日(日)

 

 点灯時間

16:00〜21:00

点灯時間は、季節や日によって変動あります。
また、最終入場は閉園30分前となっています。

私が訪れた日は、当初16:30の点灯時間だったのですが、日中の天気が良かったため、この時間だと十分な暗さではないとの判断により17:00~の点灯となりました。

確かに、暗さが十分でないと、イルミネーションが引き立ちませんものね。
点灯時間になると、園内全体に魔法がかかったような音が流れて、園内全体に光が灯されます。

それまでに、少しずつイルミネーションはつき始めますが、園内全体に光が灯された時は、感動で心が震えました。

 

 料金

入場料は、1000円(大人)、700円(子供・ペット(犬))
ナイトフリーパスは、2500円(大人)、2000円(子供・ペット(犬))

日中から園内にいれば、そのままイルミリオンを楽しむことができますので、お得です。

中には、イルミネーションの前に一度退園させられて、再びイルミネーションのための入場料を払わなければならない遊園地もあります。
その点、プレジャーフォレストは良心的ですよね。

 

 問い合わせ電話番号

0570-037-353

 

さがみ湖 イルミリオンのまとめ

関東最大級のイルミネーションが楽しめる、さがみ湖プレジャーフォレストのイルミリオン。

山の傾斜を活かしたイルミネーションが本当に美しく、感動ものです。

イルミネーションは、エリアごとにイメージが異なりますので、園内全てを飽きることなく鑑賞することができます。

光のタクトを使った体験型イルミネーションもあり、他では味わえないイルミネーション体験をすることができますよ。

 

 西武園ゆうえんちのイルミネーション  

 ハウステンボスのイルミネーション   

 よみうりランドイルミネーション    

 東京ドイツ村のイルミネーション     

&nbsp

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑