長風呂ダイエットの方法と私が試した効果。メリットデメリットは?

公開日: 

寒い冬が到来しましたね。お鍋や、おこたが恋しい季節となりました。
私はお酒を嗜みませんが、熱燗などをキュッといくのも、きっと美味しいんでしょうね。

こんな寒い冬にもぴったりの、お風呂でほっこりリラックスしながらも、ダイエットができちゃう、ゆったり長風呂ダイエットの方法と効果をずばりご紹介!
メリットデメリットもね^^

まあ、冬だけではなくどの季節でも試してほしいのですが……アハハ

スポンサードリンク

 

私がためした長風呂ダイエットの方法は?

元々、お風呂は大好きで時間があれば、ゆっくり入るタイプではあったのですが、ダイエットを意識するようになってから、その時間はより長くなりました。

基本的に長風呂ダイエットの場合は、1時間以上入ります。
時間が許されるならば、2時間くらい入ります。

ただ、うちは家族と一緒に住んでいるので、他をの家族の迷惑にもなっちゃうので、入る順番的には、最後に入るようにしています。

 

長風呂ダイエットの注意事項

 まず、お湯の量は心臓よりも下が望ましいです。俗に言う、半身浴です。

 心臓の位置までお湯があると、身体への負担が大きくなってしまうので、あまり好ましくありません。

 水分補給のお水を用意しましょう。汗が流れる分、水分補給をしましょう。
水分が足りないと、血液がドロドロになってしまうそうです。

 好きなものをお風呂に持ち込みましょう。
長風呂をするに当たり、瞑想するだけで時間を過ごせる方はいいのですが、自分のようにすぐに時間を持て余してしまう人は、お風呂に好きな漫画や本、防水のスマホなどを持ちこみましょう。

好きなことをしていれば、楽しく時間を過ごすことができますよ。


 

 お風呂でマッサージ
お湯の中に入りながら、ふくらはぎなどをマッサージをし、リンパの流れをよくします。
身体のケアにもなりますし、ダイエットの効果を高めたりもします。

 

長風呂ダイエットに用意するもの

 バスタオル
 飲み水
 漫画&本、防水スマホなどなど。
 防音マイク

 

長風呂ダイエットの準備

 まず、浴槽の半分ほどに蓋をします。その蓋の上に、バスタオルを敷きます。
 バスタオルを広げた蓋の上に、持ちこんだものを起きましょう。
 お風呂なので、用意したモノが濡れないように注意をします。
手が濡れたらバスタオルで拭けば、モノを濡らしてしまう心配はありません。
 湯あたり防止の為に、頭の上には濡れたタオルを置くといいです。
 繰り返しになりますが、水分補給はお忘れなく
 防音マイクはAmazonさんなどで売っております。こちらは必須ではないのですが、防音マイクがあればお風呂の中で高らかに歌っても、ご近所迷惑になりません。
ストレス発散のためにも、おすすめの商品です。

 

長風呂ダイエットの方法

 スマホなどでタイマーをはかります。15~30分くらい、自分が少しぬるいと感じる程度の湯温のお風呂に、半身浴をします。
 15~30分程度時間が経ったら、一旦浴槽から出て、身体にシャワーの冷水をかけます。
 1~5分程度、身体に当て続けましょう。
 水で身体の熱が落ち着いたら、再び浴槽に戻ります。
 このセットの繰り返しで、計1~2時間程度入ることができれば、効果は大きいと思います。

スポンサードリンク

 

長風呂ダイエットの効果は?

長風呂ダイエットを3か月くらい続けたことがあるのですが、その間にスカートのサイズが2サイズくらいかわりました。

同時に食事制限や軽い運動もしていたので、お風呂ダイエットだけの力ではないのかもしれませんが、食事制限だけのダイエットよりも、わかりやすく効果を感じました。

 

落ちる時は、1回のお風呂で1キロくらい落ちたりします。

もちろん、この落ちたものはほぼ水分なのですが、水分と共に体内の余計な汚れども毛穴から出ておりますので、水分を補給して体重が戻っても、心配することはありません。

毎度、数百グラムずつ落ちていけば、最終的に大きな結果が残せることでしょう。

 

個人的に長風呂が好きということもあるので、長風呂ダイエットはおススメなのですが、あまり長い時間お風呂に入るのが苦手だわ……という方は、熱いお風呂に5分程度入って、5分シャワーで水を全身に当てるのを繰り返す……という入り方でも、同じようなダイエット効果があるようです。

何度か試してみましたが、確かにこちらの方法も効果があるように感じました。

時間がない時や、長風呂が苦手な方などは、こちらの方がいいかもしれません。

 

ただ、お風呂はリラックスなどを求める場所でもあると思うので、やっぱりゆっくりと入りたいな~……などと、思います(笑

最初の方でもチラッと書きましたが、お風呂の中でのマッサージや軽いストレッチは、身体の老廃物を外に出しやすくします。
身体をマッサージをしている間に、硬い部分が見つかりましたら、重点的に揉み揉みしてください。
そこは、老廃物がたまっている場所らしいです。

長風呂の間、水を身体にかけるなどの休憩を挟むことで、血液の循環をよくし、ダイエット効果を高めるそうです。

 

実を言うと、長風呂ダイエットを初めて最初の頃は、思ったほど汗が出ませんでした。

しかし、長風呂ダイエットを続けているうちに、身体が汗を流しやすい身体になるようで、徐々に汗を多くかくようになりました。

汗の種類も、べたっとしたものではなく、玉のような汗になります。
ぜひ、お試しください。

 

お風呂には、ダイエットやリラックス効果の他にも、うつ病防止などに効果があるそうです。

うつ病防止の場合は、いつもよりも少し熱めのお風呂に、いつもよりも少し長く入るそうです。
長風呂ダイエットのくくりに入るかどうかはちょっとわかりませんが、なんだかモヤモヤ~ッとしたら、試してみるのもいいかもしれませんね!

 

長風呂ダイエットのメリット、デメリット。

長風呂ダイエットのメリット

 お風呂にゆ~っくりと入ることは、心身のリラックスに繋がります。

 また、小さなお子様がいない限り、お風呂の時間は自分だけのリラックスタイムとなります。
ダイエットを目的としない入浴でも、たまに時間をとってみるのもよいでしょう。

 また、長風呂ダイエットのメリットといたしましては、発汗によるデトックス効果が最大のものだと思います。お風呂のお湯で分かりにくいとは思いますが、長風呂では大量の汗が流れることになります。
スポーツとはまた違った汗の流し方で、スッキリしましょう。

 

長風呂ダイエットのデメリット

しかし長風呂ダイエットには、デメリットもあります。

 まず、長風呂では大量の汗として身体から水分が抜けてしまうので、適度な水分補給をしていないと脱水症状を起こしたりと、反対に身体に悪いです。

 また、心臓が弱い人にもあまりおススメなダイエットでもありません。

 

 肌の油脂が落ちて、肌が荒れる……とも言われております。

 寝つきも悪くなる、とも言われております。

個人的な感想といたしましては、肌荒れや寝つきが悪くなるといった悪影響は受けませんでしたが、万が一のことがありますので、一応気を付けた方がいいと思われます。

 

 加えて、貧血気味の方もこのダイエット方法には向かないと思います。フラッと湯あたりを起こして倒れたりすると危険なので、やめておいた方がいいでしょう。
あ、体調が悪い時も長風呂ダイエットはNGです。

 

長風呂ダイエットのまとめ

個人的には15分から初めていいと思うのですが、人によっては10分から始めてもいいと思います。

ゆっくりとお風呂に入り、休憩を取りながら、ご自分の好きなことをしながら時間を過ごされるといいと思います。


 

普通の真水(?)のお風呂よりも、発汗作用のある入浴剤や、リラックス効果の入浴剤を使うと、汗の出が違うので、できたらそちらを利用するといいと思います。

入浴剤の他には、お酒やお塩や、ミカンの皮など、入浴を楽しむアイテムは色々とありますので、長風呂ダイエットを決行される方は、お好きなアイテムを用意して楽しんでくださいね!!

 

ダイエット関連記事

 ウォーキングダイエットの効果的歩き方。ウエスト痩せ効果はいつから?   

 ジョギング効果はこの部位に現れる。お腹は?バストが心配!   

出来るならマラソンが良いですよ~!
 マラソンのトレーニング方法!女性の初心者は、ストレッチが大事 

 

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑