大掃除の計画の立て方とコツは?裏技も教えます。道具は100均

公開日: 

年末には、大掃除が待っています。
皆さん大掃除はお好きですか?

私は苦手です。
でも、新しい年を向かえるにあたって、どうしてもやらなくてはいけない作業ですよね。

どうせやらなくてはいけない作業ですから、今年はしっかりと計画を立てて効率的に終わらせましょう。

ここでは、大掃除に向けて、計画の立て方、計画を達成するためのコツ、裏ワザなどを紹介していきます。

スポンサードリンク

 

大掃除の計画の立て方 

大掃除を効率的に進めるためには、計画を前もって立てておくことがポイントです。

計画をシッカリ立てておけば、作業に無駄がなくなりますし、効率的に掃除をすることができます。

始めてみたものの、「ここの掃除を忘れていた」とか、「先にこっちを掃除しておけばよかった」とか、「洗剤が足りなくなった」なんて経験がありませんか。

そうならないために、しっかりと計画を立てて、大掃除にのぞみましょう。
まず最初は、大掃除の計画の立て方について紹介をしていきます。

 

掃除する場所の順番を計画する

まずは、掃除を行う場所の順番を決めていきます。

掃除の基本は「上から下」「奥から手前」です。
ですから、2階建てであれば2階の奥の部屋から掃除を行っていきます。

次に、それぞれの場所で、どの箇所から掃除を始めていくかの順番を決めます。

 

例えば、リビングであれば…。
まずは照明器具、を取り外します。

照明器具の汚れがひどいときは、水洗いをし、拭き取れる汚れであれば雑巾などできれいに汚れを落とします。

この作業は家族に行ってもらうと、非常に効率的ですね。

 

次に、カーテンレールの汚れを落とし、網戸の掃除に移ります。

網戸を掃除するためのグッズもありますので、そちらを使用して汚れを落としても良いですし、いっそのこと網戸を取り外して水洗いしてしまうのも良いですね。

水洗いの場合は、家族に行ってもらうと効率的です。

 

そして窓ガラスの掃除を行います。

窓ガラスは、室内と室外に分かれて行うととても効率的です。
一人で作業をしていると、「この汚れ、こっち?向こう?」と思うことがありませんか?

両側から作業をすれば、このようなこともありませんので効率的です。

 

次に室内掃除へと移ります。
タンスなどの家具を置いている場合は、家具の上のホコリを落とし、家具全体の汚れをふき取ります

そして、最後に床掃除を行います。

 

このように、高い場所から低い場所の順番に掃除をすると、効率的にキレイに掃除することができます。

無計画に掃除をすると、せっかく掃除をした場所をまた汚してしまう場合もありますので、掃除の順番はしっかりと計画を立てておきましょう。


 

TO DOリストを作成する

大掃除の計画は、TO DOリストを作成するとわかりやすいですし、掃除のし忘れも防ぐことができます。

TO DOリストは手書きで書きだしても良いですし、スマートフォンの無料アプリを使用しても良いですね。

 

リストは、まずは掃除する場所ごとに分け、その場所で行う作業を箇条書きにしていきます。
それぞれにチェックができる□を作り、終わったらチェックができるようにしておくと、目に見えて終わったことがわかりますのでモチベーションが上がります。

リストのチェックの数が増えてくると、終わりが見えてくるので「がんばろう」と思えそうですよね。

 

リビング

 天井ホコリ落とし(パパ)
 電気取り外し・水洗い(パパ)
 カーテン取り外し 選択 (私)
 カーテンレール
 網戸取り外し・水洗い(パパ)
 窓ガラス拭き(ボク)
□ タンス上水拭き(パパ)

□ タンス水拭き(ボク)

□ 床掃除(ママ)

□ 床水拭き(ボク)

□ 床 ワックス(パパ)


ダイニング

□ 天井ホコリ落とし(パパ)

□ 電気取り外し・水洗い(パパ)
   ・
   ・

 

このように、大掃除をする前にしっかりと計画を立てておくと、掃除のし忘れも防げますし、効率的に掃除を行うことができます。

スポンサードリンク

 

大掃除の計画と立てるコツは? 

大掃除の計画を立てたら、次にその計画をいつ行うか、など、その計画を達成するために必要なコツを紹介していきます。

 

ゆとりを持った計画を立てるのがコツ

お仕事をしている場合、掃除に充てられる日は限られてきますよね。

まずは掃除に充てられる日数、作業できる時間を把握することが大切です。
突然の用事や、体調がすぐれないなど、作業ができない日が出る可能性も考慮して、ゆとりを持った計画を立てることがコツです。

ギリギリで計画を立ててしまうと、万が一作業ができなかった場合、作業がずれ込み1日に行う作業を増やさなくてはいけません。
そうすると、どうしても作業が手抜きになってしまいますので、満足な大掃除にはなりません。

また、掃除は1日1部屋行う計画にすると、気持ち的にも余裕が生まれます。
1日で家中を一気に終わらせようとすると、途中で嫌気がさしてきてしまう可能性がありますからね。

 

掃除グッズを前もって揃えるのがコツ

フローリングや畳、掃除をする箇所によって、使う掃除用具や洗剤は異なりますよね。

掃除をする箇所に合った掃除方法や使う洗剤などを全て書きだし、必要なグッズを前もって揃えておくと、大掃除が効率的に進んで行きます。

この「前もって揃える」というのがコツです。
いざ「やろう!」と気合を入れたものの、洗剤が足りなかったり、合った掃除用具がなかったりしたら、せっかくのヤル気がしぼんでしまいますよね。

 100円ショップのお掃除グッズはダイソーで 


 

大掃除前に断捨離をするのがコツ

大掃除には、クローゼットや洋服ダンス、押し入れなど、普段掃除をしない場所も掃除をしたいもの。

でも、これらの場所って、要らないのにとりあえず取っておいてある物がたくさんありませんか?

例えば、
・今年は着なかったけれど、いつか着ると思う洋服。
・若い頃に使っていたカバン。
・流行遅れのコート。
・キレイな包装紙や紙袋。
などなど。

大掃除を始める前に、これらの不用品を思い切って処分しておくのも、大掃除を効率的に終わらせるコツです。

 

不用品は、メルカリなどに出品をして売ってしまうのも良いですが、これですと不用品が全て売り切れるまでに時間がかかりますし、売れない可能性もありますのであまりおすすめできません。

おすすめなのはリサイクルショップです。
リサイクルショップにまとめて持って行けば、値段の付かない物でも無料で引き取ってくれますので(あまりにも汚れている物などは引き取り不可です)、一気に不用品が一掃されます。

値段が付かなかった洋服やカバン、靴類は、重さで買い取ってくれるリサイクルショップに持って行くのも良いです。
1㎏100円~150円で買い取ってくれますので、ちょっとしたお小遣い稼ぎにもなります。



 

家族で役割分担するがコツ

家族で役割分担を決めておくことも、大掃除を効率的に行うコツです。

例えば、夫婦と子供一人の家族の場合で、リビング掃除を行う場合を例にとってみます。
照明器具と網戸の水洗い、家具などの高い場所の掃除は夫、窓拭きは子どもと自分、床掃除の掃除機は自分、床の水拭きは夫と子ども、など、分担を決めて置くと、家族も自分が何を行えばよいかわかりやすいですよね。

普段掃除をしない家族は、どこをどう掃除したらよいかがわかりませんので、掃除方法や使用する洗剤や掃除グッズなどを事前に教えておきましょう。

 

「この掃除が終わったら、ご褒美に焼肉を食べに行こう!」など、目標を立てておくと家族みんなのモチベーションが上がりそうですね。

 

大掃除の裏ワザは? 

大掃除は効果的な掃除方法で、効率的に終わらせてしまいたいですよね。
ここでは、大掃除に活かせる裏ワザを紹介したいと思います。

 

メラニンスポンジを活用する

メラニンスポンジは、水を含ませて拭くだけで、さまざまな汚れを落とすことができる優れものです。

メラニンスポンジの威力が発揮できるのは、キッチンや浴室などの水周りです。
コンロの油汚れ、魚焼きグリルの焦げ付き、蛇口の水あかなど、なかなか落としきれない汚れを、メラニンスポンジはキレイに落としてくれます。

 

フロアワイパーを活用する

フロアワイパーは、床掃除をするだけではなく、手の届きにくい天井の掃除にも使うことができます。

フロアワイパーのシートはホコリを吸着して落としませんので、上から落ちてきたホコリをかぶってしまう心配もありません。

天井は、普段掃除をすることがありませんので、大掃除にはしっかりとホコリを落としておきましょう。

フロアワイパーを使えば、わざわざ脚立に乗って掃除をしなくても良いので、効率的です。

 

重曹を活用しよう

掃除に重曹を使用するのは、とても効果的です。
重曹水であれば、口に入るものを入れる冷蔵庫の中でも安全に使うことができます。

また、水あか・油汚れを落とすのにも効果的です。
先ほど紹介したメラニンスポンジを重曹水につけて使用すると、汚れ落ちが倍増します。

 

100円ショップを活用しよう

これらの掃除グッズは、100円ショップで全て購入することができます。

その他にも、レンジ専用の掃除シートや、鍋やフライパン専用のスポンジや、鏡のウロコ落としなど、用途に合わせた掃除グッズがたくさん揃っています。

大掃除に必要なゴム手袋も、かわいらしいデザインのものも揃っているので、気分が上がりそうですね。

何よりも、100円で揃えられるのがうれしいですよね。

100円ショップのお掃除グッズはダイソーで 

 

大掃除の計画の立て方のまとめ

今年の大掃除は、むやみやたらに始めるのではなく、前もって計画を立ててから始めるようにしましょう。

そうすれば、やり残し、二度手間、洗剤やグッズの不足を防ぐことができますよ。

ゆとりをもった計画で、家族みんなで力を合わせて、大掃除を乗り切りましょう!

 

 キッチンシンクの掃除方法!人工大理石や排水溝は?

 

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑