神戸イルミナージュ 2015年の営業時間!ルミナリエとの違いは?

公開日: 

神戸イルミナージュ

神戸イルミナージュというのは、神戸フルーツフラワーパークのイルミネーションのことなんです。
今年で5回目なんですが、毎日イルミネーションとプロジェクションマッピングを楽しめちゃうそうですよ。
今回は、神戸イルミナージュにスポットを当ててみたいと思います!

スポンサードリンク

 

神戸イルミナージュ 2015年の期間は?

2015年の神戸イルミナージュの開催期間は、まだ公式HPで正式発表されてないんだけど、毎年11月1日~翌年2月1日までのようです。

比較的早い時期から開催されて、年をまたいで行われているんですね。

電飾数は、400万球ですって!

 

≫≫≫ 神戸イルミナージュ 公式HP は、まだ去年の情報のままですね・・・。

 

ここは、2014年11月に公開された、嵐の相場ちゃん主演映画 「デビクロくんの恋と魔法」のロケ現場だったそうで、園内はとっても綺麗ですよ♪
訪れる前に、この映画を見ておくと、ここ、映画に出てきたななんて盛り上がれちゃうかも!

 

場所が、神戸三田プレミアムアウトレットから近いのでお昼はアウトレットでショッピングを楽しんんで、夜は、イルミネーションでロマンチックなデ―トができそう☆
さらに、有馬温泉も近いので、足をのばすのもいいかも♪
ショッピングにイルミネーションに温泉に、楽しいことばかりのデートコースですね☆

車で行くなら、大沢(おおぞう)ICを降りてすぐなので、便利です。駐車場もかなり広く、1500台停めれるのですが、さすがにクリスマスシーズンは、混雑するようです。
長い期間、イルミネーションしているので、混雑時期を外して、ゆっくり楽しむのもいいですね。

 

ここのイルミネーションの特徴は、とにかくファンタジーな感じです♪
色もカラフルで、花や動物、馬車、そしてイチゴやリンゴなどのモチーフにはっきりと電飾されており、おとぎの国にでも迷い込んだかのような世界観が演出されていますよ。
こういうの、子供や女子は、大好きですよね!
果物にまでイルミネーションがされているのは、フルーツフラワーパークならでは・・・なのではないでしょうか^^。

 

神戸イルミナージュの営業時間を教えて?

次に、神戸イルミナージュの営業時間をお教えしますね。

会場は、17:00~22:00
点灯時間は、17:30~21:30なんだそうです。

スポンサードリンク

なので、17:00に入場しても、まだイルミネーションは点灯してないってわけ。
口コミによると、寒いのでホテル棟で待機したり、あとは、「モンキー劇場」がショーをしていたら見るってのもいいかも。
モンキー劇場っていうのは、フルーツフラワーパーク内にある、お猿さんのショーが見れる施設です。
一生懸命に芸をするお猿さんを見るっていうのもアリかも!

 

神戸イルミナージュのイルミネーションをすべて見るのは、だいたい30分くらいで見れるようです。
これに、プロジェクションマッピングを見たい方は、その時間も考えて入園するといいでしょう☆
プロジェクションマッピングは、昨年の実例では・・・

1、18:00~
2、18:45~
3、19:30~
4、20:15~
5、21:00~

の5回開催されたようです。

この、3Dプロジェクションマッピング、パーク内のホテルの建物に、映像が映し出されて、音楽がさらに盛り上げてくれる壮大なプロジェクトです。
時間にして、5分間ですが、息をのむような世界に引き込まれそうになってしまいます。
是非プロジェクションマッピングもご覧になって下さいね。

入場に関して、やはり、日没後すぐは、土曜日、日曜日、祝日ともなると混雑するので、少し時間を後にずらすのもいいかもしれませんね。

そして、神戸イルミナージュが開催されている、フルーツ・フラワーパークのある神戸市北区は、山の中で神戸市の中心地より寒いので、温かい服装で出かけて下さいね☆

 

神戸イルミナージュとルミナリエどう違う?

最後に!ルミナリエは、有名だから聞いたことあるけど、神戸イルミナージュって初めて聞いたって方多いのではないでしょうか?

ルミナリエは、ご存知の通り、阪神淡路大震災の鎮魂の意味が込められている、イルミネーションなんですね。
無料で見ることができ、場所は、アクセス便利なJR・阪神元町駅から徒歩数分の場所にあります。

2015年は、12月4日(金)~12月13日(日)まで開催されます。と~っても短いですね・・・。

開催期間が短いのもあってか、とにかく人が多く、なんと300万人ほど来場するそうなんですよ!!
今年のルミナリエのイルミネーション装飾の特徴は、屋根付きの回廊「ガレリアコペルタ」(日本初公開)なんだそうです。

≫≫≫ 2015年のルミナリエ通りの作品の特徴

芸術作品ともいえる光のトンネルをくぐると言ったところでしょうか。光も白っぽい感じで、優しい雰囲気ですね。

一方、先ほどからお話ししてきた神戸イルミナージュは、神戸の山のほうでメルヘンチックに繰り広げられるイルミネーションってわけ。

とにかく、ルミナリエは、大混雑が予想されますが、神戸イルミナージュは、平日であればゆっくりと見ることが出来そうです。

同じ神戸のイルミネーションでも、まったく違った雰囲気の会場ですね。
皆さんはどちらに行かれますか?
欲張って両方見にいくのもいいかもしれませんね。

 

まとめ

裏神戸の場所にある神戸イルミナージュ、いかがでしたか?
神戸ルミナリエとは、また違ってまさに、夢の世界!メルヘンチックなイルミネーションが可愛らしくていいですよね。
是非、一度訪れてみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑