京都で紅葉の名所といえば?おすすめスポットとライトアップ

公開日: 

京都紅葉名所
日本の古くからの伝統の一つ「紅葉狩り」ですが、本格的な和の雰囲気を楽しみながら紅葉観賞するのならばやはりおすすめは京都です。

京都で紅葉狩りをする最大の利点といえば、紅葉スポットが集結しているため、いくつもの名所を渡り歩くことができます。

夜になるとライトアップされる名所も多く、丸一日かけてゆったりと紅葉観賞を楽しむことができるのです。

スポンサードリンク

 

しかし京都の紅葉名所というのは、とても多くてどこがおすすめなのかわからず迷ってしまいますね。

そこで、今年の秋は京都で紅葉巡りをしたい!という方に向けて、おすすすめの紅葉名所の一覧と、一押しスポット、そしてライトアップ情報についてご紹介していきたいと思います。

 

京都の紅葉名所を教えてください。

数ある京都の紅葉の名所の中でも比較的多くの方に人気があって、素晴らしい景観を見ることができるスポットをご紹介していきたいと思います。

 

醍醐寺 見ごろ:11月中旬~12月上旬 夜間観賞11月16日~12月8日(18時~21時)※要事前予約

永観堂 見ごろ:11月上旬~11月下旬 夜間観賞11月8日~12月5日(17時30分~20時30分)拝観料、昼1000円夜間600円

嵐山 見ごろ:11月中旬~11月下旬 夜間観賞不可

東福寺通天橋 見ごろ:11月中旬~12月上旬 拝観料400円

二尊院 見ごろ:10月下旬~12月上旬 夜間観賞不可

三千院 見ごろ:10月下旬~11月中旬 拝観料700円

仁和寺 見ごろ:11月上旬~12月中旬

北野天満宮 見ごろ:11月中旬~12月上旬 夜間観賞:11月15日~12月7日(日没~20時)

曼殊院 見ごろ:11月上旬~11月下旬 夜間観賞:11月1日~11月31日 拝観料600円

光明寺 見ごろ:11月中旬~下旬 入山料500円

清水寺 見ごろ:11月下旬~12月上旬 夜間観賞11月15日~12月8日(18時30分~21時30分)

下鴨神社 見ごろ12月上旬~12月中旬

高雄山神護寺 見ごろ11月上旬~12月下旬 夜間観賞11月9日~11月23日(17時~19時)拝観料800円

高台寺 見ごろ10月中旬~12月上旬 夜間観賞10月24日~12月14日(17時~20時30分)拝観料600円

 

京都の紅葉のおすすめスポットは?

これほどまでにたくさんある京都の紅葉狩り名所ですが、この中でも足を運んでおいた方が良い特におすすめの名所についてご紹介します。

 

醍醐寺

真言宗醍醐派の総本山として知られる醍醐寺は、全国の紅葉狩り名所の中でもトップクラスの人気を誇ります。

スポンサードリンク

醍醐山全体が全て境内であるため、寺周辺のみならず山全体に広がる紅葉が名所といえます。

ライトアップされた紅葉も素敵ですが、何より日中の水面に映る紅葉の景観というのも大きな見どころです。

特に見ておきたいポイントは、三宝院庭園、伽藍の林泉、上醍醐の開山堂の三か所です。

夜間拝観は可能ですが、事前に予約が必要なため拝観の際は注意してください。

 

永観堂

東山のふもとにある永観堂古くから多くの人達の間で美しい紅葉の観賞スポットとして語り継がれてきた永観堂ですが、近年ライトアップが始まってからその美しさは拍車をかけています。

見ごろは11月中旬から11月下旬までと短い期間ですが、逆にそれは短期間で一気に染まるということなので、これぞ紅葉という景観を見ることができます。

紅葉狩りを目的に京都に足を運んだならば、一度は見ておきたい楓の美しさです。

 

東福寺

紅葉の名所として知られる東福寺の中でも今回おすすめしたいのは、本堂と開山堂の間にある通天橋という所です。

東福寺全体でも20万平方メートル以上あるので、見渡す限り紅葉の景色が広がる絶景ですが、この通天橋には中国から持ち帰られた葉先が3つに分かれた「通天モミジ」と呼ばれる美しいカエデがあります。

それは金色に輝いているように見えると言われていて、多くの拝観者の感動を誘います。

ライトアップはありませんが、周辺の東山を巡るにはちょうどいい場所なので、日中をメインに紅葉狩りを楽しみたい場合はぜひ足を運んでみてください。

 

 

京都の紅葉のライトアップを見たいです。

京都で紅葉狩りをするならば、やはり夜間拝観のできるところに行ってみたいものです。

上記でご紹介した中でもライトアップ可能な名所はいくつかありますが、私が特におすすめしたいのは、清水寺の夜間拝観です。

ライトアップされる紅葉の名所の多くは、山に囲まれた場所が多いので幽玄な雰囲気の中映し出される紅葉観賞ができるところがほとんどです。

しかし、清水寺も紅葉の名所ですが、私がすごいと思うのは京都の街の夜景とのコントラストです。

奥の院から街に向かって清水寺を見てみると、ライトに浮かんだ紅葉の向こうには綺麗な街並みまで映し出されるのです。

他ではなかなか見ることができない景色なので、ぜひチェックしてみてください。

 

まとめ

京都の紅葉狩りの名所はこれだけではなく、まだまだ他にもたくさんあります。

その多くが、歩いて巡ることができるほどの距離にあるので、時間が許す限りいくつもの名所を回ることができます。

ご家族や恋人同士だけでなく、京都の紅葉巡りは一人でも充分楽しめるので、ぜひ楽しんでみてください。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑