断捨離 服のやり方を教えて!もったいないからリサイクル!

公開日: 

断捨離 服

服ってたくさんたまっていくんですよね。
もう何年も着ていない服がクローゼットを占領していませんか?
ここでは、服の断捨離にスポットをあててみましょう。

スポンサードリンク

 

断捨離 服のやり方を教えてください!

はじめに、服の断捨離のやり方ってどうしたらいいのでしょうか?
やみくもに始めても、うまくいかないものです。

「断捨離」とは、いらないモノを断ち、ガラクタを捨てることで、モノへの執着から離れ、心のあり方、人生を調えていくプロセスです・・・
と、 「断捨離」提唱者のやましたひでこさんは、言っています。

服の断捨離を始める前に、まず注目するべき点があります。

・洋服の量がとても多いので片付かない
・収納場所が少なくて片付かない
・日本の四季の移り変わりで衣替えをするのだけど、秋なのに夏のように急に暑い日があったり、また外は真冬でも部屋は暖かくて、服が定まらないし、何をしまっていいのかわからない

このような状況から、人は着る服がない、何を着たらいいか迷うとたくさんの服を前にして思うのです。
ですが、正確に言うなら、服はたくさんあるけど、着たい服、本日着るべき服が定まらないのです。
服をたくさん持ちすぎているがために、どれを選んだらいいのかわからなくなっているのです。

 

では、具体的にやり方をお話しましょう。

1、分別:着る服、着ない服、迷いの服にわける

2、分類:迷いの服は、これを今着て、ウキウキするか、必要か、今を基準に選び厳選します。

やましたひでこさんは、「食」と「衣」は同じだとおっしゃっています。

服も食べ物のように、旬のものが一番エネルギーがあるそうです。
ですので、旬の服を上手に着回ししてコーディネイトするほうが、自分にプラスになるそうなんですね。

確かに、10年以上前の古びたファッションに身を包むより、新鮮な服に身を包んだほうが自信も出そうです。
物を大切にするということは、重要なことです。
10年間大切に着た服を、今も着続けているのであれば、それは素晴らしいことです。

問題は、まったく着ない服をずっとクローゼットにしまっていて、物であふれかえっている状態なのです。

 

断捨離 服はもったいないです。

次に、服を断捨離していると、どうしても、もったいないという気持ちが出てきますよね。
断捨離をしていく前に、まずもったいないという心の状態を整理してみましょう。

どうしてもったいないかと思うか・・・それは、服が痛んでないということです。
あるいは、値札がついたままの状態でクローゼットにあろうものなら、捨てるのはもったいないと思いますよね。
そして、今の時代、私たちは、服が擦り切れるまで着ることは、あまりないでしょう。
ですので、痛んでいない服を捨てるのに抵抗を感じてしまうのです。

さらに洋服を処分する時に思い浮かぶのが、過去にその服を買った値段、つまり商品価値です。
無理をして高かったのに買ったから・・・と思い、もったいなくなるのです。

さらに、まだ十分着れるから、いつか着れるかもしれないと未来へ期待をしてしまってもったいなくなるのです。
でも、今ほとんど着ていないのであれば、商品価値はゼロになりますね。

結局、この過去に買ったという思いと、未来に着るかもしれないという期待を行ったり来たりして服は、捨てられなくなってたまるのです。
つまり、洋服に執着しているというわけなんですね。

スポンサードリンク

 

ここで、断捨離で大切なのは、時間軸を「今」に戻すということなんです。
かつてどうであれ、未来でどうであれ、今に焦点を合わすということです。
今に焦点を合わさないと、消費エネルギーが過去や未来に行ってしまい、無駄なエネルギー消費になっているのです。
そのことで、今やるべきことにかけられるエネルギーが少なくなってしまっているのです。

過去にどんなに高い値段で買って心が躍った洋服でも、今、着なくなって、仮に着ても心が踊らなければ、それはマイナスになってしまいます。
さらに、これから先、着るチャンスがあるかもしれないけれど、今は着たくない、サイズが合わなくて着れない等が現実です。

洋服は、その時の物が一番エネルギーが高いそうです。
食べ物と同じで、新鮮で、旬の物が今の洋服なんです。
その洋服を着ることで、自分のエネルギーを高められ、応援してくれるんですよ。
なので、好きな服やお気に入りの服を着ると、自信がついたり元気になるということなんですね!

旬を食べるのと同じように旬をまとう・・・それが洋服が私たちに与える影響なんです。

そのことを知ると、もったいないと貯めこんだ服がいかに負のエネルギーのもとになっているか理解いただけるでしょう。

 

断捨離 服はリサイクルできますか?

最後に、断捨離して、処分する服をリサイクルする方法をお教えします。

ゴミに捨てるより、リサイクルしてまた、活用されれば、それが一番服にとっても素敵なことですよね。
特に子供の服などは、すぐに大きくなってしまいますから、リサイクルで購入するというお母さんも多いはず。

こんな方法がありますよ。

リサイクルショップ ティファナ : 全国どこでも送料無料の宅配買い取りです!箱につめて送るだけなので簡単。

 

洋服買取ツーハンズ : リサイクルファッションの専門店。

 

古着deワクチン : 処分したい服などが、主に開発途上国で再利用され、さらに1口につき5人分のポリオワクチンを届けることで子ども達の命を救うシステム。
さらに「赤すぐnet」で利用できるクーポンももらえる片づけサービス。

 

ユニクロの全商品リサイクル活動 : 使用後の商品を、難民や避難民、災害被災者、妊産婦や母子への支援に役立てリユース・リサイクルする。

 

ワールドのエコロモ キャンペーン : クローゼットの奥で眠っていた不用な衣料品を、リサイクルやリユースを通じて次の役割へとつなげるシステム。
引きとりの際、ワールドで利用できるOFFチケットをもらえる。

 

ランズエンド リサイクル : まだ着ることができる洗濯済みの服をしてい場所へ贈ることで、それが発展途上国で役立ったり、ウエス素材の原料として役立つシステム。

 

調べてみると、洋服の買取リサイクルや、大手企業によるリユースシステムなど、世界に役立つことまでいろいろと手段があるようです。
これなら、ご自分の着なくなった洋服が新たに活躍しそうですね。

 

まとめ

服の断捨離は、一番はじめやすい断捨離と言われています。なぜなら持ち主が1人なので、共通の物と違い処分しやすいのです。
着ない服をたくさん持って負のエネルギーを貯めこむより、断捨離で着る服を厳選してウキウキした毎日をすごしませんか?

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑